« 作男、ドイツに行く | トップページ | 海賊対処法による船舶護衛その1 »

2009年11月 6日 (金)

自転車は列車に乗せて

Dscn4576_320自転車先進国であるドイツの自転車事情に付いては、多くの方がブログ、書籍などで書かれており、予備知識はもっていたつもりでした。

でも、どの街に行っても良く整備された自転車専用道、貸自転車の充実、後に子どもが楽しげに乗っているリヤカー型の 自転車などを目の当たりにすると、やはり我が日本と比べて羨ましいの一言。

現在、再放送中のNHK番組「テレビでドイツ語」の中でも、ロマンチック街道の始点ヴュルツブルクからノイシュヴァンシュタイン城のあるフュッセンまでを、若い2人が自転車で走り、ドイツ自転車旅の魅力を紹介していますが、これ、ドイツではどこでも見られる光景でした。

今回、僕は鉄道での移動が多かったのですが、どの列車にも自転車を乗せる車両が付いており、市内の路面電車さえも自転車を持ちこみます。改札口のまったく無い鉄道乗降システムと共に、駅の構内を自転車を押して歩く人達、そして大型ザックを背負う姿の似合う大人と子どもの多いことに驚きました。そのまま、カタログ写真になりそうな光景ばかりでした。(「テレビでドイツ語」の自転車の二人のザック姿も良いですね)
Dscn4577_320

(写真上、ちょっと隣町までと言った感じで、自転車を急行列車に乗せる女性)

(写真下、列車の外に自転車マークの付いている自転車専用車両。これがどの列車にも連結されている)

|

« 作男、ドイツに行く | トップページ | 海賊対処法による船舶護衛その1 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/170544/46687208

この記事へのトラックバック一覧です: 自転車は列車に乗せて:

« 作男、ドイツに行く | トップページ | 海賊対処法による船舶護衛その1 »