« 秋の気配に山を想う | トップページ | 海上自衛隊インド洋給油その19(8月)---CTF-150指揮権国の交代は? »

2009年9月 9日 (水)

作男、ジャガイモの植えつけをする

Dscn4444_320 作男「石灰を撒いてから1週間がたったで、おら、今日はジャガイモを植えつけただよ。少し遅いくらいだ。」

いつも利用する近くの肥料店から、堆肥とジャガイモの種芋を買って自転車に積んで畑に戻った作男さん、女農園主さまにも手伝ってもらい畑全体に堆肥を入れました。

作男「堆肥は一袋18Lと書いてあるべ。畑には㎡あたり2kg入れろといわれても、単位が違うでねえか。こまるだよ。」

女農園主「いいのですよ。堆肥は水を含むと重くなるので、一袋の重さに差が出るでしょ。5袋あれば充分ですよ。適当にいれましょうね。」

まだ、納得いかないでぶつぶつ云っている作男さんにかまわず、農園主さまはどんどん堆肥を入れていきます。

作男「左側さ、大根植えるで深く掘ってあるだよ。右はジャガイモだで、堆肥は少なめでええだよ。昨日さ、CADで書いた図面があるだよ。しっかりやるべ。」

作男さん、植えつけ図面を見ながら、畝幅を決め、ひもを張っててきぱきと仕事をこなしていきます。

作男「おら、図面がねえと駄目だよ。図面どうり棒さ建てて、ひもを張ると簡単に畝も植付もできるだよ。」

女農園主「だいぶ慣れてきましたね。立派なものですよ。農園を任されているという自覚が出てこられたのね。でもこの図面、ずいぶんと細かくかいてあるのですね。ジャガイモの絵までかいてあるわよ。」

作男自覚なんて云われたら、っぱずかしいだよ。誰かさんと同じで、「お」の字はよけいだよ。」
「お暮らしと、云われる暮らし、してみたい」
「お暮らしの、おの字がつかぬ、暮らしです」
  作男
 それさ、ジャガイモの絵でねえよ。丸印だ。そこに棒さ立てていけば、種芋がちゃんと植えられるだよ。駄目だよ。ちゃんとまっすぐに棒さたててくだせえよ。やっぱり畝の真中にひもさ張るべ。」

写真には写っていませんが、女農園主さまがやると、ジャガイモがあっちさ、こっちさいって駄目だよと、60cm幅の畝の中心にひもを張り、再度種芋を真っすぐ植えつけた作男さんでした。
女農園主さまは、なんでも手際良くこなす方ですが、なぜか線が真っ直ぐ引けない弱点もお持ちです。それから2人で、種芋と種芋の間に、堆肥と一握りの化成肥料を施しました。

作男「この種芋、なんちゅう、名前だったべか。」

女農園主「お店でお聞きしたでしょ。出島というのよ。2期作に向いていて、デンプン質が多く、香もあってポテトサラダやコロッケにするとおいしいのよ。」

作男「出島はあまり聞いたことがねえだが、スーパーで売ってねえほうが作りがいがあるで、おら、大事に育てるだよ。
12月にチビスケたちが掘っくりかえして、喜ぶ顔が見たいだよ。この前さ、両手でかっぽじって、えれえ面白かっただよ。」

女農園主「チビスケ2号さんなんか、お隣の畑まで飛びこんで行きそうでしたね。」

作男「うんだ、おらも慌てて押えつけただよ。
さて、今日はこれでおしまいだな。
農園主さま、左側の2畝は、明日さ、おら一人でやるだよ。大根の種を準備してくだせえ。」

女農園主「はい、わかりましたよ。ハクサイは、苗をお願いしてありますから、いつごろ頂けるかお聞きしておきますね。明日はよろしくお願いしますね。」

|

« 秋の気配に山を想う | トップページ | 海上自衛隊インド洋給油その19(8月)---CTF-150指揮権国の交代は? »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/170544/46168230

この記事へのトラックバック一覧です: 作男、ジャガイモの植えつけをする:

« 秋の気配に山を想う | トップページ | 海上自衛隊インド洋給油その19(8月)---CTF-150指揮権国の交代は? »