« 民主党、インド洋給油継続方針----その(3)派遣期間の考察。第7次派遣部隊は出港しない | トップページ | 民主党、インド洋給油継続方針----その(3)派遣期間の考察。何故、第7次派遣部隊は出港しない。(その3) »

2009年7月28日 (火)

民主党、インド洋給油継続方針----その(3)派遣期間の考察。何故、第7次派遣部隊は出港しない。(その2)

Jy24001_1024

超美仁記者が、第1次派遣部隊からの派遣期間から考察した、本来なら10月末に出港すべき「第7次派遣艦艇が出港しないのではないかというレポート、いよいよ本題に迫ります。」  

   「柳瀬川通信:報道部」
 デスクの机に提出された1枚のレポートをはさんで、議論は続きます。

作山記者インド洋に向けて、第7次派遣部隊の出港は、多分無いと云う事です。デスク。」

デスク「防衛省、海上自衛隊は、インド洋給油を望んでいるわけだろ。そう云い切る根拠はなにかね?」

作山記者「ご存知のように、昨年(2008年)2月21日の給油再開以来、現在、第5次にいたる海上補給支援部隊が派遣されてきました。ここに書いてあるとおりです。」

デスク「確か、第6次部隊が先週の火曜日(7月21日)に出港したね。」

作山記者「さすがデスク。マスコミは取上げなくてもちゃんチェックはしていますね。
そうなんです。本来なら、1ヶ月も前に第5次と交代のため出港すべきなのに、なかなか出発しないので、これはなにかあるなと超美仁クンと話したんです。」

デスク「インターネットの地方版ニュースで、補給艦「おうみ」が佐世保基地を出港する模様を映していたよ。」

作山記者「そうです。統合幕僚監部発表では、7月21日(火)に護衛艦「すずなみ」が舞鶴基地を。7月22日に補給艦「おうみ」が佐世保基地を出港しました。」

デスク「それで、今度の第6次出港が、意図的にだいぶ遅らされたという事かね。」

作山記者「はい。従来の派遣期間であれば、この表の第1次、2次、3次派遣部隊のように、だいたい4ヶ月半くらいで戻っていたのです。
これから先は超美仁クンに説明させましょう。」

超美仁記者「続けます。それが第4次派遣では、派遣期間が約1ヶ月ほど長かったのです。」

デスク「そうだね。5ヶ月と17日か。長い残業だな。海自隊員諸君も疲れたろ。」

作山記者「そうなんです。普通でも護衛艦勤務はストレスがたまるのに、激務の遠洋航海の期間延長はいろいろと批判もあるのです。イージス護衛艦「あたご」とマグロはえなわ網漁船の事故も、帰港直前で遠洋航海の疲れが出たと云われましたよね。」

超美仁記者「これからが、推測の話ですが、実はいろいろも取れているんです。自民党筋には勿論、民主党にも意向を伝えているふしがあります。
それは後にして、まず、第4次派遣で1ヶ月稼ぐ。」

デスク稼ぐ?

作山記者「ともかく、来年(2010年)の1月15日で改正新テロ対措法の期限切れです。超美仁クンはそれを終点と考えたわけです。」

超美仁記者「1ヶ月長引かせたので、第5次派遣部隊は、1ヶ月遅れの3月1日に出港すればよい。
そう、インド洋までは片道20日前後かかりますから、洋上で給油任務を引継いで戻る部隊は帰国までまた20日前後必要です。
20日+20日で40日、これが帰港想定日算出の根拠です。」

デスク「第6次部隊が、7月21日に出港したから、それに40日足したのが第5次の帰港日、8月31日だね。

超美仁記者「これは、もう推測ではなく出発日から単純計算で割り出せます。あとは、台風など気象条件による誤差だけです。」

デスク「約6ヶ月の長期勤務になったわけだね。」

作山記者「第1次、2次と比べると、1ヶ月半も伸びている事がわかります。」

超美仁記者「6ヶ月洋上勤務の実績ができたので、次ぎの第6次部隊も同じ期間派遣されても、根拠の無い期間ではなくなったわけです。それで第6次部隊も6ヶ月勤務とみなしました。」

デスク「みなされる隊員諸君は大変だね。おっと失礼。続けてくれたまえ。」

作山記者「これが、第6次部隊がインド洋給油の最後の派遣部隊として、改正新テロ対措法の期限切れである来年(2010年)1月15日まで活動するという根拠です。」

デスク「その---  書きかけ続く(本日中に続きを書きます)

海上自衛隊と同じで、我、柳瀬川通信も極端な人出不足です。「七つの顔を持つ男」多羅尾伴内でやっていますので。何故、出港しないか?。何故、今日のブログに海上自衛隊インド洋給油広報版ポスターを載せたか。仮説本題は後ほど書きます。」

|

« 民主党、インド洋給油継続方針----その(3)派遣期間の考察。第7次派遣部隊は出港しない | トップページ | 民主党、インド洋給油継続方針----その(3)派遣期間の考察。何故、第7次派遣部隊は出港しない。(その3) »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/170544/45763635

この記事へのトラックバック一覧です: 民主党、インド洋給油継続方針----その(3)派遣期間の考察。何故、第7次派遣部隊は出港しない。(その2):

« 民主党、インド洋給油継続方針----その(3)派遣期間の考察。第7次派遣部隊は出港しない | トップページ | 民主党、インド洋給油継続方針----その(3)派遣期間の考察。何故、第7次派遣部隊は出港しない。(その3) »