« コサギと菜の花と麦畑---我が家の近くの田舎の風景 | トップページ | ジャガイモの成長は順調です----超ミニ農園 »

2009年4月17日 (金)

乗艦隊員は3ヶ月で全員入れ替えーーーデンマーク海軍多目的支援艦アブサロン

Absalo1_320 「柳瀬川通信:報道部」

デスク「作山くん。海上自衛隊、ソマリア沖の護衛状況はまとまったかね。」

作山記者「はい。海上自衛隊より、4月15日に第7回の護衛終了報告が発表されましたので、まとめてみました。」

デスク「護衛艦「DD-113さざなみ」「DD106さみだれ」の2艦による護衛だね。護衛船舶数は伸びているかね。」

作山記者「それがどうした事か、後のほうほど減っていますね。これが一覧表です。」
  
  第1回(4月1日往路) 護衛対象船舶  5隻
  第2回(4月3日復路)   〃       2隻
  第3回(4月5日往路)    〃      3隻
  第4回(4月9日復路)    〃      4隻
  第5回(4月11日往路)   〃      3隻
  第6回(4月13日復路)   〃      3隻
  第7回(4月15日往路)   〃      1隻
     合計        〃     21隻   (海上自衛隊発表資料による)

デスク「3月30日から護衛が始まったから、約半月強か。第7回は、1隻だけの護衛かね。 21隻を作山クンはどう思うかね?」

作山記者「いやー。海賊対策で派遣されるときには、護衛対象船舶が2300隻もあり、船団方式で護衛するにしても、2隻の護衛艦では不足だと聞いておりましたので、正直いって、この数は以外でした。エッ!これだけという感じです。」

デスク
「いや、実は俺もそうなんだ。たしか、20隻以上の長い船団を前後で守る護衛艦のCGを見たような気がするよ。」

作山記者「大小さまざまで、用途も違えば、速力も違う船舶を、どんなふうに船団を組んで護衛するかなど、ほとんど具体的な事も決めずに、中国海軍に遅れるなと飛び出して、混乱必至と言われていましたから。」

男川記者「政府は、実際に護衛することになる船舶数の検証もせずに、ただ、アデン湾を通過した船舶数を発表し、マスコミには船団護衛には、4日かけた一往復で20隻以上に上るという推測をさせた。不況で船舶数が減っている事を知っていながら、知らん顔だ。
ともかく日本関係船舶が、外国海軍に守ってもらっているといった危機感を煽った。具体的になんの具体的計画も無しに、ただ、護衛艦が存在することに意味が有ると言う事では混乱するわけですよ。」

デスク
「護衛船舶数が少ないのは、まだ、混乱以前のウォームアップかね。それじゃあ、まだ上手くいっている口か。船団といえるかどうかは別として、護衛艦は常に2隻一緒に護衛しているんだったね。」

作山記者「いつものように、そのへんの発表はないのですが、間違いないと思います。いずれ、外国海軍の資料で、判明すると思います。」


男川記者
「4月5日から9日まで護衛がとんでいますね?」

作山記者「さっき言ったように、2隻が一緒に行動しているからね。護衛出来ない空白時間が出来てしまうようだよ。
3回目の警護を終えた後、護衛艦「さざなみ」と「さみだれ」は6日朝(日本時間同日午後)補給のためソマリアの隣国ジブチのジブチ港に寄港しているんだ。
3月14日に広島県の呉基地を出港して以来、補給のためでは、初の寄港になるよ。燃料の補給は、3月28日に対テロ対措法による第4次海上補給支援部隊の補給艦「とわだ」から給油を受けたがね。
そして4月7日には出港したはずだ。」

デスク「当分の間、護衛艦の拠点はジブチ港、イエメンのアデン港、オマーンのサラーラ港になる予定と発表されているからね。」

作山記者「デスク、21隻の船籍ですが、日本国籍船は1隻だけです。」

男川記者「そんなに少ないのですか。残り20隻は全て日本の船舶運航事業者が運航する外国船籍というわけですね。」

作山記者
「そう、日本人乗組員もほとんどいない。やっと3隻に数人といった具合だ。」

デスク「この辺に、海運国日本の,難しい問題が内包されているわけだよ。この問題に就いては、またの機会にシーレーン防衛問題で、追求してみよう。」

男川記者
この表も、僕の認識をこえていたな。」

作山記者
「護衛した船舶の種類だね。タンカーが少ないと思ったんだろう。」
   
    <7回、21隻の護衛船舶の種類>
自動車専用船   9隻
タンカー       6隻
専用貨物船    2隻
一般貨物船    1隻
LPG船       1隻
LNG船       1隻
コンテナ船     1隻
http://www.weblio.jp/content/LPG%E8%88%B9 LPG船説明

http://www.weblio.jp/content/LNG%E8%88%B9 LNG船説明


デスク
自動車専用船が多いんだね。」

作山記者
「船舶会社の運航担当に聞いたら、これでも昨年の9月以来、ヨーロッパへの輸出車減で、運航している自動車専用船は4分の1以下に減っているそうです
船の運航減の問題で輸入車でも、納車が遅れている車種もあるそうで、頭が痛いと言っていました。」
男川記者「日本にとっての生命線とは、中東産油国から伸びるシーレーンである。このライフラインであるシーレーンの安全な確保が最重要だ。何度も言われ続けてきたスローガンですよね。」

作山記者
「タンカーが、連なる光景を考えていたんだろう。
実は自動車専用船が半数以上を占めていたんだね。それだけ自動車輸出に依存しているわけだ。いや、自動車だけじゃないがね。シーレーンといえば、石油輸入と結び付けるけど、じつは70%の船舶は、輸出入、特に輸出に関連した船なんだ。」

デスク
「」
   書きかけーーー明日に続く
  

|

« コサギと菜の花と麦畑---我が家の近くの田舎の風景 | トップページ | ジャガイモの成長は順調です----超ミニ農園 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/170544/44702987

この記事へのトラックバック一覧です: 乗艦隊員は3ヶ月で全員入れ替えーーーデンマーク海軍多目的支援艦アブサロン:

« コサギと菜の花と麦畑---我が家の近くの田舎の風景 | トップページ | ジャガイモの成長は順調です----超ミニ農園 »