« 日経平均も6700円に! | トップページ | 僕の確定申告とeーTax »

2009年3月 4日 (水)

作男、ジャガイモの植付けをする

Dscn3732_320_2

 本家農園の女農園主さまから、自宅待機を命ぜられた作男さん。
「しかたねえべさ、お声がかかるまで、おらの超ミニ農園で精だすべ」とばかり、せっせと掘り返し石灰をまいていました。
 さて、今年は何を植えるのかと思いきや、「ジャガイモだ、食料難がやってくるだで、ジャガイモさ植えるべ」と独り言。
まって、作男さん。1㎡もない畑にジャガイモを植えるの?。
よほど、一昨年の秋植えジャガイモで、チビスケ1号、2号に喜ばれたのが忘れられないのか、天の声などには耳もかさず、いつもの苗販売店へ飛んでゆきました。
箱に入って売られているダンシャク、メークイーン、キタアカリなどの種イモの中から、おら、これにするべと選んだのがビタミンC豊富なキタアカリ。
「1kgで300円か、1キロもいらないな、今日はパイロットファーム用だで、4個だけで良いかな。」とわけの解らないことを苗屋のご主人に言いながら、150円でお買い上げ。
種イモを半分にして、切り口に灰をまぶすと聞かされて、それも買うべと灰のお値段を見てびっくり。
「それはねんべさ、種イモが150円で灰が一袋400円ちゅうのは、釣り合いがとれねえべさ」
種イモは、切らずにまるごと使っても構わないと聞いて、それだそれだと手を打って、灰はお求めにならずに店を出ました。
戻るとすぐに、超ミニ農園に、深さ15cmの溝を掘ります。
その後、溝の中に30cm間隔で、買ってきた種イモを置きます。そして、種イモと種イモの間に、堆肥と化成肥料を施します。秋植えのジャガイモを体験しているので、慣れたものです。「去年はミニトマト、その前はピーマンがよく育ったで、ジャガイモさんよ、しっかりしてくれよ」と土を軽く戻して植付けは無事終了しました。さて、無事、芽が出ると良いのですが。

Dscn3733_320_2

(写真上、超ミニ農園に植え込むために溝の中に30cm間隔に置かれた種イモ)

(写真下、種イモの間には、元肥として、移植ゴテ1杯程度の堆肥と、ひと握りの化成肥料を施しました)

|

« 日経平均も6700円に! | トップページ | 僕の確定申告とeーTax »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/170544/44233164

この記事へのトラックバック一覧です: 作男、ジャガイモの植付けをする:

« 日経平均も6700円に! | トップページ | 僕の確定申告とeーTax »