« 海上自衛隊インド洋給油その12(1月)その2 CTF-150指揮権交代 | トップページ | 昨日の夕日、そして宝幢寺の梅の木 »

2009年2月17日 (火)

宝幢寺の梅が見頃です

Dscn3691_1024
このところインド洋給油やソマリア沖海賊の事ばかりを書いていたら、少し他の事を書きなさいというお叱りを頂きましたと言うのはウソで、あまりに調べるのに時間がとられるので、ちょっと休憩です。
今日の志木の宝幢寺の梅です。
梅の花を見ながら、優雅?に太極拳をやっていたS通信員が撮ってきてくれました。アングルは写真のプロの方が指示してくれたとの事で、さすがに光りの具合などが考えられた写りです。
古木の梅の花は、今が見頃でしょうか。1本の木とは思えない位、大きく枝を張っています。実にきれいですね。僕も明日にでも見に行く事にします。そう、勿論自転車に乗って。自慢になりますが新車のブルーノは快調です。
Dscn3690_320
写真上、見事に咲く梅の花です。後の建物は文殊堂)
(写真下、このピンクの花の名はわかりません)

|

« 海上自衛隊インド洋給油その12(1月)その2 CTF-150指揮権交代 | トップページ | 昨日の夕日、そして宝幢寺の梅の木 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/170544/44092432

この記事へのトラックバック一覧です: 宝幢寺の梅が見頃です:

« 海上自衛隊インド洋給油その12(1月)その2 CTF-150指揮権交代 | トップページ | 昨日の夕日、そして宝幢寺の梅の木 »