« 志木市敷島神社の節分際 | トップページ | ソマリア沖海賊対策ーー海上保安庁派遣が困難である検討内容の公表は? その2 »

2009年2月 4日 (水)

今日は立春ーー梅と氷とCAD&CGそして本屋

Dscn3654_320今日は立春
しかし暖かかった昨日とは違い、曇の多い寒い1日でした。
庭の梅は満開ですが、柳瀬川土手の湧水から流れ出る小川は、ここ数日凍ったままで、誰が投げたのか、空缶が氷の上に乗り冬の情景をかもしだしていました。

 我家から歩いて数分のところにあった書店が閉店になってから、ちょっと雑誌や新刊書を立読みする事が出来ず不便な思いをしています。
今日も書籍購入のため、自転車で志木Dscn3653_320駅ビル内の旭屋書店に行き、数冊の書籍を購入してから、毎月購読しているコンピューター製図の専門雑誌である「CAD&CG3月号」を手にとって驚きました。
前月の2月号までそんな事は表明されていなかったと思うのですが、3月号には、「10周年大感謝企画」とされながら、その横に最終号の文字が!。
雑誌の廃刊が相次ぐ中で、「CAD&CG」よ、お前もかとの思いです。
仕事でコンピューター製図を行っている者にとっては、貴重な情報雑誌でした。
確かに狭い専門分野ですから、記事がCc03_01_320マンネリ化しやすく、特集企画も題材不足になりやすいので、10年間も継続したことは立派なことだと思います。しかし、この分野では唯一の専門誌であり、廃刊はとても残念です。

書籍の販売不振が続き、書店の閉店が相次いでいます。旭屋書店も昨年、東京の4店舗のうち銀座店、水道橋店が閉鎖され、池袋店も売り場が縮小されました。全国的にもここ、2年で多くの店舗の閉鎖が続く状況で、今年1月には札幌店も閉鎖されました。頑張れ、旭屋書店、志木店は継続してくださいね。

|

« 志木市敷島神社の節分際 | トップページ | ソマリア沖海賊対策ーー海上保安庁派遣が困難である検討内容の公表は? その2 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/170544/43958114

この記事へのトラックバック一覧です: 今日は立春ーー梅と氷とCAD&CGそして本屋:

« 志木市敷島神社の節分際 | トップページ | ソマリア沖海賊対策ーー海上保安庁派遣が困難である検討内容の公表は? その2 »