« ソマリア沖海賊対策ーー海上保安庁派遣が困難である検討内容の公表は? その2 | トップページ | 我が町、志木に湯殿山詣での講があったのだろうか?ーー石碑に思う »

2009年2月 9日 (月)

雪の蓼科高原へ

週末は友人3人と、湯治と新年会を兼ねて蓼科高原に行き、快晴の2日間、雪と温泉を楽しんできました。宿泊した蓼科高原の宿の窓から、雪煙をあげる八ヶ岳が良く見えました。
宿の付近の八子ヶ峰トレッキングコースの一部を、スノーシューをつけて歩き、森の中で、動物たちの足跡を沢山見つける事ができました。パンフレットにDscn3680_320 載っていた足跡図を参考にすると、多分、カモシカ、ホンドシカ、キツネだと思っています。
100湯温泉巡りの数を増やすべく、帰りに寄った2ヵ所の温泉、ひとつは蓼科温泉共同浴場で本物の源泉かけ流しで入浴料は400円、もうひとつは尖り石温泉縄文の湯、大きな日帰り温泉施設でありながら、特に地元の人に人気でこちらもなんと400円。どちらもお薦めできる温泉だと思います。

(写真上、蓼科高原の宿の窓から見た夕方の八ヶ岳、左が赤岳(2899m)と右が阿弥陀岳(2805m))

Dscn3682_320

(写真2枚目、同じく権現岳(2715m))

(3枚目、八子ヶ峰トレッキングコースの静かな林間コースをスノーシューで歩く)

(4枚目、多分キツネの足跡)

(5枚目、のんびり休憩し、オンザ・スノーを一杯)

P2070504_320

Dscn3675_320

Dscn3679_320

|

« ソマリア沖海賊対策ーー海上保安庁派遣が困難である検討内容の公表は? その2 | トップページ | 我が町、志木に湯殿山詣での講があったのだろうか?ーー石碑に思う »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/170544/44007910

この記事へのトラックバック一覧です: 雪の蓼科高原へ:

« ソマリア沖海賊対策ーー海上保安庁派遣が困難である検討内容の公表は? その2 | トップページ | 我が町、志木に湯殿山詣での講があったのだろうか?ーー石碑に思う »