« 再び、浅間山遠望 | トップページ | 海上自衛隊インド洋給油その11(12月)--パキスタンばかり »

2009年1月12日 (月)

ムクロジを知る

Dscn3566_320 元日の初詣の帰りに、宝幢寺に寄り、ムクロジ(無患子)の木を教えてもらいました。女農園主さま、じゃない、かみさんにです。
そうか、この実の中の黒い種が羽根突きの羽根の玉なのか。(この言い方が正しいかはわかりません。羽根の根がこの玉を表すのかもしれません。)それにしてもコチンコチンの硬い種です。
インターネット検索で調べてみたら、ムクロジについて沢山書かれていました。
羽根だけでなく、数珠に使われたこと、実は砕いて石鹸になる事、お釈迦さまの教えにもある事など知らなかったことが恥ずかしいくらいです。新年早々、たいへん勉強になりました。
果肉が無く、透明な殻の中に、黒い種がすけて見える不思議な実です。Dscn3542_320
また、この宝幢寺のムクロジの木も、切倒された古木の根元部分から成長した変な樹形です。

Dscn3541_320

Dscn3540_320

|

« 再び、浅間山遠望 | トップページ | 海上自衛隊インド洋給油その11(12月)--パキスタンばかり »

コメント

ああ!知りませんでした。実はうちにむくろじの木があるのです。でも、石鹸に使われる木だなんて知らなかったんです。羽つきの羽のしんに使われるのは知っていたけれど。お数珠にもなることも知らなかったんです。いやあ!しらなかったあ。むくろじの実と皮を粉末にすれば石鹸ができるのですね。よかったあ。教えてくださってありがとう。粉せっけんも嫌いだし、液体洗剤はもっと嫌いだったんで、本当にうれしいです。何で植えているのだろうと思っていたけれど、このむくろじがあったのも、意味があったんだって。何かじんと来ちゃいました。おじい様や、おばあ様やひいおじい様や、ひいおばあ様や、ひいひいおじい様やひいひいおばあ様のその方々の心を感じちゃいました。本当に、おかげ様です。やっと、分かりました。大事にしなければ。このむくろじでできる数珠も百八の煩悩をとるためのお数珠なんですね。大事にしよっと。気に入りました。そして、何より、シャンプーが、頭皮から、体にしみこむ成分がものすごく有毒だと、あっちやこっちで読んでいたから。シャンプーも自然のものにしたのはいいけれど、ものすごく高いお値段で。それが、手作りできるのですものね。うれしいです。これからは手作りといたしましょう。ありがとうございました。

投稿: 小松梨津子&神在信子 | 2009年1月14日 (水) 14時19分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/170544/43723456

この記事へのトラックバック一覧です: ムクロジを知る:

« 再び、浅間山遠望 | トップページ | 海上自衛隊インド洋給油その11(12月)--パキスタンばかり »