« 福浦漁港に建つ、これはなに? | トップページ | 行屋稲荷の庚申塔を見る »

2008年12月19日 (金)

阿修羅像が東京に

Ca390025_320 今日、いや24時を回ったので、正確には昨日ですが、志木駅でこの写真のポスターが目に入りました。そうか、あの阿修羅像が上野の国立博物館に来るのか!。
 きっと前から宣伝されていたのでしょうが、僕はこの大きなポスターで始めて知りました。

http://www.asahi.com/ashura/ 興福寺創建1300年記念 国宝 阿修羅展

 この有名な仏像については、いまさらここで書くまでもないでしょう。嬉しいのは奈良まで行かなくても、この美しい仏像にまた会えると言う事、そして、なんと露出展示で360度の角度からみる事が出来るという事です。
興福寺の国宝館に展示されている阿修羅像は、ガラスケースに入って正面からしか見る事が出来ません。
 行かれた方はご存知と思いますが、この像の前のプラスチックタイル床は、立ち止まる人が多いため、その場所だけ削れて磨耗し、色が変わっています。阿修羅像の超人気ぶりがわかります。
来年の春の国立博物館は大混雑、長蛇の列が目に見えるようです。
しかし阿修羅を含む八部衆像と十大弟子像が展示されるとなると、是非観賞したいと思うのです。
 (写真上、志木駅構内に貼られていた阿修羅展のポスター。なんとも大きなポスターで目立つことこのうえない)
   
 昨日の答え
(神奈川県湯河原町、福浦漁港の赤い塔は、近くの真鶴トンネルの換気塔だそうですー地元の漁師さんから聞きました。)

|

« 福浦漁港に建つ、これはなに? | トップページ | 行屋稲荷の庚申塔を見る »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/170544/43461407

この記事へのトラックバック一覧です: 阿修羅像が東京に:

« 福浦漁港に建つ、これはなに? | トップページ | 行屋稲荷の庚申塔を見る »