« 超高層マンション「ザ・千里タワー」 | トップページ | 山の軽量装備その6--エアーマット »

2008年11月29日 (土)

宝幢寺の襖絵が一般公開

Dscn3500_1024

今日、志木市の名刹、宝幢寺襖絵と中庭の一般公開が行なわれたので、夜に見学してきました。なお公開は本日1日だけだそうです。
門をくぐると、庭のもみじと中庭がライトアップされ、普段見慣れた境内の景色とは違った幻想的な光景を見る事ができました。本堂にあがると新築されてから始めて公開されたという襖絵を、解説付きで見学する事が出来ました。襖絵は志木市に在住した画家、故小林政路の作品です。市内に住みながら、今まで見る事が適わなかった大作を見学する貴重な機会を得ることが出来て幸せでした。
Dscn3497_320

Dscn3486_320

Dscn3485_320

Dscn3491_320

Dscn3492_320

Dscn3493_320

Dscn3490_320

|

« 超高層マンション「ザ・千里タワー」 | トップページ | 山の軽量装備その6--エアーマット »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/170544/43268219

この記事へのトラックバック一覧です: 宝幢寺の襖絵が一般公開:

« 超高層マンション「ザ・千里タワー」 | トップページ | 山の軽量装備その6--エアーマット »