« 海上自衛隊インド洋給油 その8(9月) 続き | トップページ | シンフォニーオブライツに感激ーー香港 »

2008年10月25日 (土)

作男さん、喜ぶ

Dscn3185_320 女農園主さまから、一畝お借りしてラディシュの種をまいた作男さん。
「エデンの東」のジェームス・ディーンになったつもりで、(知らない人、すみません)順調に芽の出た畑で、昔映画で見たポーズを取ったりして喜んでいます。
しっかりと教科書も読んで、株間4cmになるよう間引きもしました。
4cmといっても、そんなにうまい具合に芽が出ていませんので、
「うーん、ここは8cmだ、あきすぎだぞ」、「ここはすこし詰まり過ぎだな、でも抜くのは惜しいぞ」
などとブツブツ云いながら、作業に精出しています。

女農園主さまが、北海道から買ってきた栄養液を、おらも欲しいとたっぷり撒いて頂き、土寄せも大事だぞと、両手で包みこむように土を根に寄せています。

女農園主さまから、かぶも、小松菜も、ほうれん草もありますから、畑全体を考えてくださいねと、おしかりを受けても、どうしても自分の畝ばかりに目がいくこDscn3188_320まった作男さんです。
きっと、素晴らしいラディシュだ収穫できる事でしょう。

それにしても、農園主さま、お手植えの白菜はとても良い出来です。
寒冷紗も外して、青々とした葉が大きく伸びています。
もう中心から結球し始めています。
このまま、虫がつかなかったら、良い白菜が採れるでしょう。
初霜が降りた後、外葉を束ねてひもで結ぶ防寒作業をするようです。
作男さんも、おらがやるだよと張りきっています。そうです、うかうかしていると、天下のトヨタ自動車の期間従業員のように、契約期間満了を言い渡されるかもしれませんよ。
でも、女農園主さまは、トヨタのような使い捨てはしませんから、作男さん、安心しなさい。第一この農園、Dscn3184_320持ち出しばかりで、トヨタのような内部留保など、ほじくっても出てきません。

明日から、所用のため5日間ほど留守にしますので、ブログをお休みします。
政治も経済も、先の見えない難局です。週末の今朝もニュウヨークの市場は、株価も為替も大きく下げました。
来週はどうなるのでしょう?。恐怖の月曜日?
そんな日本を少し外から見ることにします。

(写真上、芽の出たラディシュ)
(写真中、間引きしました)
(写真下、元気の良い白菜)

|

« 海上自衛隊インド洋給油 その8(9月) 続き | トップページ | シンフォニーオブライツに感激ーー香港 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/170544/42901856

この記事へのトラックバック一覧です: 作男さん、喜ぶ:

« 海上自衛隊インド洋給油 その8(9月) 続き | トップページ | シンフォニーオブライツに感激ーー香港 »