« 海上自衛隊の給油活動、実はローリスク、ハイリターン記事に疑問? | トップページ | ふたつの懸念ー年金運用失敗と1.7兆円のアフガン米軍軍事費支援要請 »

2008年10月 8日 (水)

歴史的瞬間に立ち合っているのかもしれない!!

Crowd_outside_nyse 昨日もブログを書きながら、考えました
事によると、今、僕は、50年に一度、いや1929年10月24日にニューヨーク株式市場(ウォール街)で株価が大暴落したことに端を発した世界大恐慌以来の、大規模な金融恐慌を目の当たりにする事態に遭遇しているのかも知れないと。

この世界大恐慌も、自律的な回復の目処が立たない状態に追いこまれたのですが、現在のアメリカに端を発した金融危機は、まさに先の目処がつかない状況になっています。

教科書で見た80年前の、ニューヨークのウォール街に集まる群衆の写真は、歴史のひとこまのように思ってきましたが、俄然、現実味を帯びてきました。

歴史的世界大恐慌以来、何度も恐慌を経験してきた資本主義は進化し、当時とは違い各国の連携やデーター共有により、以前のような大混乱は起きないと語られてきましたがどうもその想定レベルを超えた事態かも知れません。

何が起きても不思議でない。どんなニュースが飛びこんでくるのか、1日中、TBSラジオを流し続けています。

|

« 海上自衛隊の給油活動、実はローリスク、ハイリターン記事に疑問? | トップページ | ふたつの懸念ー年金運用失敗と1.7兆円のアフガン米軍軍事費支援要請 »

コメント

■現在の金融危機は2003年当時からすでに予測されていた!!―真の原因は誤った個人主義であり、いまこそ社会変革が必要だ!

こんにちは。今日の金融危機は、2003年あたりからすでに予測されていました。私のブログでは2003年のNHKスペシャル「個人破産―アメリカ経済がおかしい―」の動画を掲載しました。この動画をご覧になると、今日の金融危機すでに十分懸念されていたことが分かります。今日、その懸念はアメリカ金融機関の崩壊という形で現実のものとなりました。この動画では、消費者に無理に消費を強いることにより今日の事態を招いたことがはっきりと示されています。現在、ITバブル崩壊、株価低迷、消費者の旺盛な消費もなくなり、次の時代に何をすれば良いかが見えない時代になっています。しかし、私は、今こそ真剣に社会変革に取り組む時期に来ていると思います。これが、アメリカの実体経済をも良くする唯一の道だと思っています。詳細は是非私のブログをご覧になってください。

投稿: yutakarlson | 2008年10月 8日 (水) 11時13分

>yutakarlson様
本当に、そのとおりだと思います。世の中、こんなおかしな事がいつまで続く筈がないと思われる事が、平気で行なわれています。
借金が900兆円とも言われる日本が、何の対策もなくずるずると
破滅の道をたどっているのも、後で考えたらどうしてそんな事が許されたのだろうと皆が不思議に思うでしょう。
財務省の心有る者が、ホームページに日本の借金時計を掲載したら、上からとんでもない事をするなと言われ、1日で閉鎖してしまったように、都合の悪いことは隠し、国の借金は国民の借金だから、皆で考えましょうという方向でホームページ作りをしている事など、後で誰が責任を取るのでしょう。

投稿: Souroku | 2008年10月14日 (火) 11時15分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/170544/42721987

この記事へのトラックバック一覧です: 歴史的瞬間に立ち合っているのかもしれない!!:

« 海上自衛隊の給油活動、実はローリスク、ハイリターン記事に疑問? | トップページ | ふたつの懸念ー年金運用失敗と1.7兆円のアフガン米軍軍事費支援要請 »