« 白駒池色づく | トップページ | 海上自衛隊の給油活動、実はローリスク、ハイリターン記事に疑問? »

2008年10月 7日 (火)

日経平均は10、000円にはならないーー大外れでした

  9月19日のブログに、[日経平均は10、000円にはならない!」として、日経平均は10、000円にはならないのではないかと書きました。
 昨日(10月6日)の終値は、10、473円で、もうこれは10、000円と変わりありません。

大外れの9月19日の記事を、もう一度載せます。

 「世界的金融不安は、ますます絶望的な状況に追いこまれるのは必至と見ています。
勿論、日本も例外ではないわけで、いや、
日本の借金900兆円という財政状況をみれば、将来的には日本の破綻が引き金になる事さえあり得ると見ています。
しかし、ここにきて、短期的には少し考え直してみる気が起こり始めました。
日経平均株価のことです。
一昨日、日本の証券関係者八氏が皆、10000円から11100円と予想していたからです。
確かに
米国のダウ平均が9000ドルくらいにはなりかねない状況では、まったくそのとおりなのですが、あへてへそ曲がり的に予想します。

 今までの長い経験から、株価見通しで証券専門家の予想が当たるのは、50パーセントもなかったからです。単純にその面からだけなので、冗談かと思われても仕方がないのですが、もうひとつだけ僕の考えを付け加えてみて、事によると、そうならない(日経平均10000円)のではと、かんぐり始めました。
今はニュウヨーク市場が下がれば、日本も一斉に下がる。
本来は下がらなくても良い株式まで、右へ習えの状況です。

 しかし、ここまで下がると、もう一度見直そうという、まっとうな動きも出てくる筈です。
米国の金融不安とは少し距離感のある銘柄などが、買い戻されるのではないかと
ただ、
これはあくまで短期的な想定です。
長期展望についていていえることは、ただ「絶望的」の3文字です。」
                       
以上9月19日記

希望的観測の、僕の予想はおお外れでした。
短期予想など、吹っ飛んでしまい一足飛びに「絶望的」状況に追い込まれました。
その意味では、証券専門家の予想が当たりました。(さすがに9月19日時点で10、000円割れを予想した人はいませんでしたが)

昨日のニューヨークダウは、一時、9、524ドルと800ドルも下げてしまい
金融市場は、金融恐慌の深淵が覗かれる地点まで、ずるずると引き摺り込まれて来てしまいました。
事によるともう、カウントダウンが始まっているのかも知れません。
もう誰にも止められないのか!!。
ダウ平均8、000ドル、金融凍結・封鎖まで予想した方がいましたが、あながち過大な予想とは云いきれなくなりました。
そんな状況下に、ぼくの安易な短期予想は、外れでした。

今日にも日経平均は一時的にも10、000円を割り、終値でかろうじて大台確保でしょうか。

|

« 白駒池色づく | トップページ | 海上自衛隊の給油活動、実はローリスク、ハイリターン記事に疑問? »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/170544/42712406

この記事へのトラックバック一覧です: 日経平均は10、000円にはならないーー大外れでした:

« 白駒池色づく | トップページ | 海上自衛隊の給油活動、実はローリスク、ハイリターン記事に疑問? »