« 夏風邪は馬鹿しかひかない? | トップページ | 柔軟な思考 »

2008年8月22日 (金)

ササダニ(マダニ)恐るべし

Dscn3034_320先日、チビスケ(小4)と、宮城県、泉ヶ岳の「少年自然の家」での「夏の野外活動in泉ヶ岳!泊まろう!遊ぼう!」に参加しました。
主催は、仙台市の「S.R.O会」です。
この会は、幹事が熱心で、チームワークも良く、子供と保護者を楽しませてくれる魅力的な企画を組んでくれる素晴らしい集団です。
今回も、山登り、沢登り、ナイトハイク、キャンプファイヤーなどで、楽しい時間を過ごしました。
飯盒炊さんの際、火打ち石を使って、火をおこす事などは、チビスケは勿論、僕にとっても始めての経験でした。
古タオルを蒸し焼きにした火口(ほくち)に、火花を飛ばすと子供でも簡単に火種が作れることに感心しました。

さて、自然の家のスタッフや、研修中の大学生達との2日間を多いにエンジョイして帰宅し、僕も帰った後のチビスケの身体に異変が!

なぜ、僕が気付かなかったかと悔やまれるのですが、母親がチビスケの首に食らいついている気味の悪い虫を発見しました。
驚いて、皮膚科に連れて行ったところ、医師からマダニに刺されていると診断されました。運の悪いチビスケは、麻酔をして切開し、マダニをつまみ出してもらい、3針縫ったというわけです
でも、、皮膚科を受診したのは正解で、家で無理に引剥がそうとすると、食いこんでいる頭部が身体に残り、細菌感染などの恐れもあります。

ともかく、吸血性の大型ダニで、皮膚に付着して、口器を刺しこんでしまうと、吸血が終るまで1週間以上は身体から離れないというすごい奴です。吸血により、身体が大きくなり黒ずんできます。
発見すると、大抵生きていて、頭部を潜り込ませたまま、足を動かしています。
友人は、山から帰ったら、こいつに3匹も同時に食いつかれていて、足がうごめいてなんとも気味が悪かったそうです。
薮漕ぎや、草地歩き、沢登りなどをすると、やられる場合が多く、日本全国どこでも生息しているようですが、東北地方の山には多いようです。
僕は、山中で熊に遭うのもいやですが、マムシ、ヤマヒル、ササダニだけはご免蒙りたいといつも思います。
チビスケは、治療後、ライム病の予防薬を投与してもらい、傷跡に貼ったバンソウコウが目立つだけですが、診療した医師は、用心のため検体を感染症の病理検査に廻したそうで、2週間後に結果がわかるそうです。

Madani

(写真上、小沢を全身に水を浴びて、1時間くらい遡行した。滝などは無く、子供達は結構楽しげに登っていた。
僕も久しぶりの渓流シューズで、沢歩きを楽しんだ。遡行終了地点で、生物観察をする子供達。
黄色いシャツの男の子の持つビンには、捕まえた山椒魚が2匹入っていた。)

(写真下、この写真はフリー百科辞典ウイキペデイァからコピーしました。
皮膚に食らいついたササダニ、吸血するともっと黒ずんで大きくなる。指で摘む程度ではとても引き離せない。少し引っ張ってもまた、身体を回転させるようにして、潜り込んで行く。
げに、恐ろしき奴!。チビスケはどこでこいつに狙われたのだろう。)

 

|

« 夏風邪は馬鹿しかひかない? | トップページ | 柔軟な思考 »

コメント

おお、可愛そうなチビすけちゃん。わたくしもへその穴にくいつかれて、それ以来脳病に悩まされておりまする。

作男 じさまはくわれねえだよ。まじーから。

投稿: 藪医者 | 2008年8月23日 (土) 19時01分

>薮医者様
こいつは皮膚の柔らかそうなところを選んで食らいつく、ダニのような奴です。あれ、ダニか。
へそはつらかったでしょう。襟付きのシャツや長袖でも潜り込んでくるようで、防ぎようが無い、お手上げですね。お互い気をつけましょう。
僕は作男さんとは別人で、ヤングです。一番狙われやすいお年頃です。血は純粋B型で、ダニの大好物です。チビスケもB型だったかな?。薮医者様もことによると、純粋でなくとも、BクラスB型ではないですか。

投稿: Souroku | 2008年8月25日 (月) 09時37分

ヌハハハ。
おいらしっぽをだしちゃうぜ。

しらざあいってきかせやしょう。
いま、‘Bgata五人男‘と謳われる、toki/kei/oti/sinのおいらはほんの頭数さあ。

投稿: | 2008年8月25日 (月) 23時36分

りケッチャアに要注意ですぞ。

作男 おらの村ではツツガムシ病ちゅうだ。
東北の山々、甲府、竜王あたりの河川もあぶねーだよ。

投稿: 藪医者 | 2008年8月27日 (水) 17時10分

小学生のころ、白戸三平の漫画で知ったな。ツツガムシ。「野にもあらず、白くもなし」という一文があって、「ノミでもシラミでもない」という謎解きであった。奴らが多く生息する場所に敵をおびき出してリケッチアに感染させて葬り去るという術。今で言えば、生物兵器か。感染した少女の体を虫眼鏡でチェックするシーンはどきどきしたものよのー。「つつがなしや」の言い回しもこいつを心配しての言い方だって。昔の漫画は為になったねー?為になったよー!
突然、お邪魔しました。

投稿: tech3 | 2008年9月25日 (木) 19時26分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/170544/42240244

この記事へのトラックバック一覧です: ササダニ(マダニ)恐るべし:

« 夏風邪は馬鹿しかひかない? | トップページ | 柔軟な思考 »