« 利尻山へ その3 | トップページ | 気になるラジオーSONY山ラジオ »

2008年7月30日 (水)

ザ・ウィンザーホテル洞爺の警備員は恐いぞ

Dscn2990_320山の事ばかり書いていたので、今日は北海道番外編
「ザ・ウィンザーホテル洞爺」に宿泊してきました。と言うのは勿論嘘。

ホテルの駐車場に入る前の道路で、検問さながらに、指示棒をもった警備の人に停車を命じられ、「ご宿泊ですか」と聞かれました。
運転していたUさんが、とっさに「ハイ」と答えると「どうぞ」と通行を許可してくれたと言う訳です。
後続していた我がグループのもう一台の車は、「はい」の変わりに正直に「見学をーー」
これでは駄目。強面の警備員に「お引取りを」と、ホテル横の広い駐車場にもいれてもらえず、はいUターン
「拝啓ホテル殿」
もう少し、優しい聞き方があるでしょう。せめて「ご宿泊ですか?、お食事ですか?」または「ホテルにお入りになりますか?」
丘の上に立つホテル前の駐車場付近は、なかなかの眺めの良さ、ちょっと散歩くらいしたい雰囲気です。
でも、この格調高い高級ホテル、宿泊客以外はうろうろして欲しくないようです。

 これは正装したドアマンも同じです。コーヒー一杯が900円とも1500円とも聞いていましたので、せめて改装なったロビーの雰囲気を見てからと思っても、結局中には入れてくれませんでした。
「山帰りの汚い格好をしていたんだろう?」違います。いくらなんでも着替えています。
僕は除くとしても、同行したのは経営破綻する以前の、このホテルに宿泊経験の有る紳士、淑女たち。
まあ、「食事予約してあります」「パンを買いに来たのです」などと伝えれば、拒否はされないのでしょうが、そういう余裕を見せてくれない、強い拒否の雰囲気が漂うホテルでした。
サミット開催の名残があるのかもしれません。
そういえばこのホテル、所有者は警備会社セコムでした。

|

« 利尻山へ その3 | トップページ | 気になるラジオーSONY山ラジオ »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/170544/42016685

この記事へのトラックバック一覧です: ザ・ウィンザーホテル洞爺の警備員は恐いぞ:

« 利尻山へ その3 | トップページ | 気になるラジオーSONY山ラジオ »