« この写真は? | トップページ | 海上自衛隊インド洋給油事情その3 »

2008年5月18日 (日)

憧憬の利尻山

Dscn2599_320_2 7月に北海道の名寄市に行く予定があり、そうだこの際、ずっと憧れていた北端の名峰、利尻山に登ってみようと考えました。
インターネットで利尻富士町のホームページを見ると、観光資料を送ってくれるとの事、早速申し込んだところ、すぐにA4版の封筒に入った写真のようなパンフレットが郵送され感激しました。
観光協会のあいさつ文に「利尻礼文サロベツ国立公園の利尻島へご来島下さいますようお待ち申し上げます」とのお誘いの言葉。
利尻空港までの航空券入手も目処がつきそうだし、喜んで行かせて頂きます。
テントを張る予定の利尻山の3合目にあたる、利尻北麓野営場まで車で行けるようですが、どうせ登るなら標高1721mの山頂まで、海抜0mから歩き、そして戻ってこようと思います。
3000mの白馬岳から、日本海まで歩き、海に手をいれて登山を終わらせた栂海新道のように、最北の日本海に手を入れて憧れの利尻山登山を終らせたい。そんな楽しい夢を見ています。
 (写真は利尻富士町観光協会が送ってくれた観光,登山案内パンフレット。すみません。天幕で地球の大地の上に寝るのが好きな登山者ですから、町への経済効果は少ないと思います。)

|

« この写真は? | トップページ | 海上自衛隊インド洋給油事情その3 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/170544/41249522

この記事へのトラックバック一覧です: 憧憬の利尻山:

« この写真は? | トップページ | 海上自衛隊インド洋給油事情その3 »