« 作男、支柱立てをする | トップページ | 柳瀬川の釣り »

2008年5月25日 (日)

自転車はどこを走ればよいのだろう

Dscn2618_320 「自転車は原則的には、車道の左側を通行するべきもの、しかし、指定された標識のある歩道は通行可」と道路交通法に決められています。

これ、ほとんど知られておりません。自転車は歩道を通行しても良いと思っている人のほうが多いと思います。
これが、6月1日から改正規定により次のように変わります。

自転車は
(1)子どもや高齢者、買い物目的などで の利用の場合
Dscn2603_320(2)交通量が多く車道が特に危険な場合 の二つの場合に限り、
歩道での通行 を認める。

もう少し詳しく書くと
1. 普通自転車の歩道通行に関する規定
(1)  普通自転車は、
歩道通行可を示す標識等がある場合のほか、
普通自転車の運転者が児童、幼児、70歳以上の者、身体障害者であるとき
・車道又は交通の状況に照らして自転車の通行の
安全を確保するため歩道を通行することがやむを得ないと認められるとき
Zitensyaには
歩道を通行することができるようになります
 ただし、警察官等が、歩行者の安全を確保するために必要があると認めて歩道を通行してはならない旨を指示したときは、指示に従ってください。

自転車は、歩道か車道か、どちらを走ったらよいのか、 今までも曖昧でしたが、今度の改正規定でもすっきりしません。
要は自転車が車道を走るには全国の道路がまったく整備されず、「狭い、段差、側溝」などが沢山ある危険な道路が多いので、ともかく歩道も走ってよい事にしようとしただけです。

歯止めない高速道路と巨大横断道路など、利権がらみの道路建設を止めて、自転車で、また歩いて安心な生活道路整備を最優先にお願いしたいものです。

(写真上、我家の廻りでも、一般生活道路はこんな道が多いのです。左右どちらに倒れても危険、自転車で走るのは命がけです。)

(写真中、現在の僕の愛車。折りたたみ型。20インチタイヤサイズは、操作性がよく走りやすい。大分古くなってそろそろ買い換えたい気分。)

(写真下、近くの商店街、ペアモール内の自転車店「サイクルボーイ」さんから、勧められているBruno製のroad mixte。なんとも魅力的。)

|

« 作男、支柱立てをする | トップページ | 柳瀬川の釣り »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/170544/41320270

この記事へのトラックバック一覧です: 自転車はどこを走ればよいのだろう:

« 作男、支柱立てをする | トップページ | 柳瀬川の釣り »