« ガソリン暫定税率は、この際一度廃止するべき | トップページ | 明日のお花見は?~柳瀬川の桜 »

2008年4月 4日 (金)

和文タイプから思ったこと

Dscn2420_320  数日前、志木市の郷土資料館近くを通ったので、ちょっと覗いてきました。
時々、展示展示物が変わるのですが、中に懐かしい和文タイプとタイガー計算機が展示されていました。
和文タイプは、中学校の時に、放課後のクラブ活動で女子生徒が習っているのを見たのが最初でした。
 その後はどこの会社のタイプ室にも、英文タイプと並んでこの和文タイプが何台も並んでいる光景を見る事ができました。
原稿の文字を、活字の入った2段の箱を動かして活字を選んで一字一字つまみ出し、紙にタイプしていく、今のワープロからみたら、なんともまだるっこい作業ですが、和文タイピスト達は驚くべき早さで文章をタイプしていました。
 町の印刷屋の活版印刷機の横にも、ずらりと活字台が並んでいて、鉛の活字を流れるような動作で抜き取る職人さん達を見ました。
そうそう、映画「男はつらいよ」の、たこ社長も活版印刷屋でしたね。

その後は、写植印刷などに変わって、今ではこの活字印刷の和文タイプも町の活字印刷屋さんも姿を消してしまいました。
車で街中を走っていると、印刷と書かれたブリキ看板を見かけますが、ほとんどの場合、もう営業はしていない店ばかりです。

 最近、この活字印刷機で驚いた事があります。麻布六本木の在日米軍「プレスセンター」(星条旗新聞社)を訪ねた際、玄関ホールに飾られていた大きな古い機械が、活字鋳造植字印刷機だったのです。勿論、英字新聞社ですから英字印刷機です。

 活版では、活字を原稿どおりに並べて組み込むことによって版が作られます。植字作業と呼ばれ、大量の文字を一つ一つ組む作業は大変な時間と労力を必要としました。
 そこで、この版を組む作業を自動化しようとの研究は、活版印刷機械の進歩と並んで、重大な問題だったようです。
先ず、自動活字鋳造機、次ぎに活字を自動的に版に組む自動植字機が作られ、究極的にこの三つを組み合わせた自動鋳造植字印刷機が登場した歴史があるようです。
始めて目にした、縦横高さが2.5mくらいでしょうか、このとても印刷機とは思えない大型機械には、運転台席のような鉄製の椅子とタイプライター状のものが取り付けられていました。
ここにオペレーターが座り、原稿をタイプすると、活字が鋳造され、版に組まれて紙に印刷されるのです。
どんな音がしたのか、活字鋳造の熱で暑くはなかったのかな、鋳造され使われた活字はどうなってしまうのか、などなど疑問だらけのまま印刷機の前を離れました。外部から建物の写真を撮るだけでも、警備員が恐い顔で睨むのですから、この珍しい印刷機を写すべく、内部でカメラを取り出す事はとても出来ませんでした。

しかし、英文の場合は、活字の大小はあってもアルファベット26文字の組み合わせです。それに比べて、カタカナ、ひらがな、漢字と複雑な日本語では、このタイプの活字鋳造植字印刷機は製造されなかったのではないかと思うのです。
これはまだ調べていません。

ブログを書くべくインターネット検索をしていて、写真に撮れなかったこの米軍プレスセンターの機械と同じようなものが、東京都文京区の印刷博物館に一台ある事がわかり、疑問に思ったことが解決できそうなので、近々訪ねてみたいと考えていますので、また報告します。

 もう少し書くと、この印刷機には、活字を一字ごとに別けて組むモノタイプ型と、10文字くらいを1行として鋳造するライノタイプと呼ばれるふたつの型があったようで、その辺のことも、次回印刷博物館報告のなかで書く事にします。

 それにしても、ブログを書くためにキーボードに文字入力していて、僕は実によく打ち間違えます。文字変換もおかしな変換をしてくれます。とはいえ、全て入力ミスというやつです。
文字変換の無いアルファベット打ち込みとはいえ、あの活字鋳造印刷機に座っていた、タイピスト(?)はさぞ緊張しただろうと考えてしまいます。
しかし、アルファベット26文字というのは、仕事でたまに英文の建築設計図を作成していると、日本語と比べてなんと楽な文字入力で、しかも図面の見栄えも良いのだろうとつくづく思います。
郷土資料館で見た、タイガー計算機についても、いろいろ思い出がありますので、また書きます。

|

« ガソリン暫定税率は、この際一度廃止するべき | トップページ | 明日のお花見は?~柳瀬川の桜 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/170544/40761365

この記事へのトラックバック一覧です: 和文タイプから思ったこと:

« ガソリン暫定税率は、この際一度廃止するべき | トップページ | 明日のお花見は?~柳瀬川の桜 »