« インド洋給油再開その後 | トップページ | 作男、畑に還る »

2008年4月17日 (木)

後期だけでなく前期、中期、高齢者の皆さん

  4月1日から発足し、各地で不安と怒りが高まるこの後期高齢者医療制度、政府は「長寿医療制度」と名を変えましたが、法律上は「後期高齢者」のままです。
後期とは、もう死ねというのかという声があがりましたが、厚生労働省は後期の前に、中期、前期という区分けも考え、そのなかで後期という名称が採用されたのです。
まるで縄文時代のような呼称です。
ちなみに前期は65歳~69歳、中期は70歳~74歳だそうです
(例として、この制度に便乗して、前期、中期、65歳~74歳の国保料(税)も年金から天引きにされたことにも現れています)

縄文時代には、晩期という時代区分がありましたが、会議の席で、晩期はさすがに冗談とされたようです。しかし、もっと厳しい名称の新制度があります。
新設された「後期高齢者終末期相談支援料」。晩期に代りちゃんと終末期が出てきます。
担当医が患者と相談し、あらかじめ死期間際の治療方針を文書化すれば、医師に2000円の報酬が渡される制度です。
高額な延命治療を減らし、在宅でのみとりに誘導する意図があるようです。「姥捨て山」と言われる由縁です。

忘れてならないのは、与党はこの医療制度改革関連法を強行採決で成立させたのです。
滞納者からは、保険証の取り上げ、保険料は2年ごとに改定されてゆきます。勿論、値下げが検討されるわけもなく、値上げ必至です。

 後期だけでなく、中期、前期の高齢者の皆様、次ぎの衆議院議員選挙では、個人候補者名はそれぞれ思いやしがらみもあるでしょうが、比例代表からは、徹底的に自民党を排除しましょう。
なるべく社民党、共産党と書いて、自民党、官僚に一泡吹かせてやりましょう。

|

« インド洋給油再開その後 | トップページ | 作男、畑に還る »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/170544/40910738

この記事へのトラックバック一覧です: 後期だけでなく前期、中期、高齢者の皆さん:

« インド洋給油再開その後 | トップページ | 作男、畑に還る »