« 確定申告書が印刷できない!--Windows98 | トップページ | 「拝啓 I 様」ーー今度は本物のレンギョウです »

2008年3月22日 (土)

ゴミ処理施設を見学しました

Dscn2372_320_2 今日は、住宅管理組合主催のゴミ処理施設「富士見環境センター」見学会に参加しました。
僕の住んでいる志木市と、隣接の新座市、富士見市の3市のゴミを処理している富士見環境センターは、年間の75000トンの可燃ゴミを焼却したり、ビンやカン、ペットボトル、資源プラスチック、不燃ごみ、粗大ゴミを処理する総合ゴミ処理施設です。
ゴミ処理について、改めて認識を深めた有意義な見学会でした。

Dscn2350_320

写真上、富士見環境センター全景)

(写真中上、資源プラスチックの内、フィルム系プラスチックの手選別装置。混入している可燃ゴミや異物などを、目で確認して手作業で取り除いている。きつい仕事だ。知らなかったが、「プラ」と書かれた包装袋でも、食品、菓子袋などに見られる内部がアルミコーティングされたものは、手作業で分別されて、別処理されていた事だ。)

(ペットボトルや容器包装外のプラスチッDscn2367_320_2クは別のラインで、選別され圧縮梱包されて、他のリサイクル施設に運び出されている。)

(ビンは、一升瓶やビールビンはそのまま再利用される。その他のビンは色分けされてガラス資源として再利用される。)

(カンはアルミ缶とスチール缶を、巨大な磁石で選別し、それぞれ圧縮されて再利用施設に送られる。)

Dscn2370_320

写真中下、可燃ゴミの深いゴミピット。
運搬車からこのピットに投入されたゴミは、大きなクレーンで吊り上げられて投入ホッパから焼却炉に入れて燃焼させる。混入されているカンや不燃ゴミで焼却炉が燃焼できなくなったり、傷んだりする事が多いとの事だ 。)

(写真下、ゴミ焼却炉を監視している中央制御室。ゴミの燃焼状況がモニターに写っている。)

|

« 確定申告書が印刷できない!--Windows98 | トップページ | 「拝啓 I 様」ーー今度は本物のレンギョウです »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/170544/40600535

この記事へのトラックバック一覧です: ゴミ処理施設を見学しました:

« 確定申告書が印刷できない!--Windows98 | トップページ | 「拝啓 I 様」ーー今度は本物のレンギョウです »