« のど飴から考える | トップページ | アンペルマンの方眼メモ用紙 »

2008年2月 3日 (日)

ケータイ付きカメラ?

Dscn2156_320朝起きてみると今年2度目の雪景色でした。早速デジカメを持って中央公園へ。
芝生の斜面では、子供達が元気にソリ遊びに興じていました。誰が作ったのか雪だるまもあります。そこで子供達の楽しげな様子をパチリ。
ブログを書くようになってからは、常にデジカメを持ち歩くようになりました。携帯電話の写真撮影機能では、メモリーカードの使えない古い機種のためパソコンへの写真転送が面倒で使い難かったのです。
そこで新兵器投入です。それほど大袈裟な事ではなく、昨日、Auの機種変更0Dscn2154_320円キャンペーンにつられて、Auショップに足を向けたのです。
咳はどうしたかですか?。どうやら肺がん、肺結核ではなかったようで、だいぶ回復しました。
肺がんといえば、昨年亡くなった古い山友達は、アスベスト吸引による肺ガンでした。20代の頃、勤務した電車の車両工場でアスベストを吸引したのが原因で、40年近くたってから発病するアスベスト被害の恐ろしさを思い知らされました。
彼は新しい雑誌の編集に携わったばかりで、張りきっていたとの事で残念でなりません。昔、山岳部報のガリ版印刷を、夜遅くまで一緒にやった事を懐かDscn2155_320しく思い出します。
ところで、新兵器ですが、デジカメに電話機能が付いたと思わせる優れもの?。カシオが「カメラが主役のケータイ」と宣伝するW53CAに変えました。515万画素、28mm広角レンズ付きで、2.8インチワイドディスプレイは非常に美しい画像が見られます。並のデジカメ機能は全て備えているこの携帯が、これからのブログ記事作成に威力を発揮してくれると思います。その前に頭が痛くなるような、厚い取り扱い説明書を読む苦行がありますが。
なぜ、契約電話料金が変わらずに、こんな新機種に変更するのが0円ですむのか、料金体系がまったくわかりませんが、使うのは楽しみです。
それと、この携帯電話、カシオらしく電子辞書の「ジーニアス英和、和英と明鏡国語辞典」が搭載されて、英単語や英文の音声読み上げ機能まで付いているのです。無理して買った電子辞書EX-wordの出番が少なくなりそうで、ちょっと複雑な心境です。
  (写真上、志木ニュータウン内の中央公園で、ソリ遊びを楽しむ子供達)
  (写真中、携帯電話というより、デジカメを思わせるカシオW53CA)
  (写真下、2.8インチワイドVGA液晶が付いている) 

|

« のど飴から考える | トップページ | アンペルマンの方眼メモ用紙 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/170544/17940657

この記事へのトラックバック一覧です: ケータイ付きカメラ?:

« のど飴から考える | トップページ | アンペルマンの方眼メモ用紙 »