« 今朝の気温は1℃ | トップページ | 電車のドアーを手で開ける駅 »

2007年12月 6日 (木)

アメリカヒドリだろうか?

Dscn2067_800 柳瀬川にカモが渡ってきました。今年こそ、アメリカヒドリを見つけたいものと探しています。
そして今日の午後、柳瀬川の志木大橋上流の土手から、ヒドリガモの群れの中にいるこのカモを見付けました。
シネプレックスで「椿三十郎」を見た帰り道のことで、勿論、新兵器のツァイス双眼鏡は持っていませんでした。
遠目に目の後ろが緑色をしているので、もしやと思い、デジカメで撮りました。
ズームを最大倍率にしたので、手ぶれして鮮明でないので、ヒドリガモに緑色の毛が出たのか、ヒドリガモとアメリカヒドリの交雑固体なのかよくわかりません。
アメリカヒドリにしては、目の後ろの緑色の下側の茶色が濃すぎるかとも思います。
どなたか、教えていただければ嬉しいのですが。
同じ場所で見付けられるかわかりませんが、今度は双眼鏡でよく観察してみるつもりです。
ところで、柳瀬川は今年もカモの飛来数が少ないようです。過去10年間で4分の一にまでなった飛来数の減少に歯止めがかかるのか、心配です。
1994年のガン、カモ一斉調査では、ヒドリガモ、オナガガモ、コガモ、マガモなどが1256羽でしたが、2006年には275羽にまで減少しました。減少の理由はよくわからないようです。
Dscn2065_320 (写真上、ヒドリガモの群れのなかの1羽、目の後ろが緑色で、くちばしは白い。ちょっと気になる1羽です。)

(写真下、この一群の中にいた。)

|

« 今朝の気温は1℃ | トップページ | 電車のドアーを手で開ける駅 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/170544/17292111

この記事へのトラックバック一覧です: アメリカヒドリだろうか?:

« 今朝の気温は1℃ | トップページ | 電車のドアーを手で開ける駅 »