« 作男、慰労される | トップページ | 「軍関与削除 見直しも」 »

2007年9月30日 (日)

沖縄の皆様ー本土でも大きく報道されています(教科書検定抗議)

Dscn1173_320  29日の抗議集会へ大結集した沖縄県民の怒りは、本土に確実に伝わっています。
 名護市辺野古に作られようとしている米軍基地への付近住民の粘り強い反対闘争などには今迄、意図的とも思える報道の自粛をとおしてきたマスコミも、11万人もの住民が決起したこの抗議大会は無視できませんでした。

沖縄の皆様
、太平洋戦争末期の沖縄戦で起きた住民の集団自決を巡る文部科学省の教科書検定意見の撤回を求める沖縄県民大会が、本土でも新聞、Dscn1166_320テレビで大きく報道されていることを改めてお伝えします。
NHKTVでも、宜野湾海浜公園を埋め尽くした県民とその集会の映像が流され、特に高校生代表2人の発言は、全国民の胸をうったに違いありません。
「おじい、おばあは重い口を開き、苦しい過去を教えてくれました。悲惨な集団自決があったことを」

「このまま検定意見が通れば、私が歴史を教える立場になった時、教科書の記述通り、事実でない事を教えなければいけません」

「うそを真実と言わないでください。私たちは真実を学びたい。そして次ぎの世代の子供たちに真実を伝えたいのです」

住民集団自決の軍の関与の問題については、長くなるので今は書きませんが、今度の抗議集会は教科書検定問題が主題とはいえ、この抗議の奥に、米軍の強権、日本政府の弱腰、住民無視の対米協力などに対する根深い沖縄住民の苦悩と怒りがあると思います。
特に辺野古海上基地建設では、建設に反対する住民に那覇防衛施設局は、海上自衛隊を差し向けました。
沖縄戦での日本軍隊へのやり場のない怒りを封じ込められてきた住民に、いままた立ちふさがった自衛隊の動員には心の傷をえぐり出される思いだったでしょう。

本土では、抗議行動の大群衆の集結などはほとんど見られなくなりました。小人数のデモなどあってもマスコミに無視されなかで、テレビに映し出された沖縄県民11万人のエネルギーに、目頭が熱くなるほど感動しました。

そしてこの沖縄県民の抗議の力は、教科書検定問題に確実に影響を与え始めています。
教科書審議会では、沖縄戦の専門家もいないので、学術的検討は出来なかったとか、文部省の教科書調査官の説明を聞いただけで通してしまったとか、早くも逃げ腰の発言が語られはじめました。明かに従来の政府答弁の矛盾も表面化してきました。

政府も従来の関与せずでは、押しとおせないと感じ始めたようで、渡海文部科学大臣も県民感情を考慮したいなどと、微妙な発言をするようになりました。
また、教科書執筆者と教科書会社の編集者による懇談会で、日本軍の強制、強要、誘導などを明確にする訂正を文部科学省に申請する方針が決められました。
検定制度の仕組みを問題視して見直すべきとの意見も出始めています。
 
今、政府が一番恐れている事は、この教科書検定問題から、くすぶり続けている沖縄の米軍基地建設反対運動が力を増す事だと思います。こんどの11万人の大抗議集会にはかなりの衝撃を受けた事と思われます。
辺野古海上基地建設反対闘争に、全国民の目が注がれる事はどうしても避けたいのです。
反対運動阻止に海上自衛隊を動員している事など、なるべく、知られないほうが望ましいのです。
そのためには、集団自決の教科書記述の表現を、もう少し精査してから修正しても良いなどの懐柔策を出してくるような気がします。

ところで、文部科学省の教科書調査官の原案をそのまま、素通りさせてしまった
教科用図書検定調査審議会の委員の個人的責任は免れません。
 問題が大きくなると、責任逃れを試みる先生方が多いので、個々の立場などは置いて、その名簿を公開しておきます。
文部科学省のホームページの教科用図書検定調査審議会委員及び臨時委員名簿と、議事録の名簿から、照合して沖縄集団自決検定意見に関わったと思われる、第ニ部会(社会)の委員名をあげてみました。
 誤まりなどが見つかりましたら訂正をしてゆきます。

揚村 洋一郎   東京都立戸山高等学校長
太田 公      杉並学院高等学校講師
紀平 英作     京都大学大学院教授
小室 正紀     慶應義塾大学教授
杉本 良男    国立民族学博物館教授 
栖原 弥生     愛知県立大学名誉教授
高橋 文博     岡山大学教授
谷 聖美      岡山大学教授
羽入 佐和子   お茶の水女子大学教授
広瀬 順皓     駿河台大学教授
廣部 和也     成蹊大学教授
二木 謙一     國學院大学教授
宮地 忠明     国立音楽大学教授
村木 逸子     嘱託(都立鷺宮高校)
山本 孝宏     弁護士
山田 卓生     日本大学教授
渡辺 真知子   明海大学教授
(臨時委員)
波多野 澄雄   筑波大学副学長 (沖縄県民大会以後、審査会での様子や文部科学省の調査官が主導して、調査官作成の原案を通してしまった様子などを語り、審議やり直しに肯定的な意見を述べた。この方は今後、委員からは外されるだろう)10月19日追記

「文部科学省」

山下 和茂初等中等教育局教科書課長 (7月11日付で 文化庁出向となり長官官房著作権課長となった。検定削除が問題視され始めたので、急遽出向されたと言われている)
村上教科書企画官 (調査中)
照沼康孝教科書主任調査官(伊藤隆東京大学名誉教授グループ)10月19日追記
村瀬信一教科書調査官
(伊藤隆東京大学名誉教授グループ)
その他関係者(調査中)

伊東隆教授とは、過去の日本の戦争を、侵略とは捉えずに美化、肯定する「新しい歴史教科書を作る会」の教科書の監修者である。10月19日追記

(写真上、沖縄県平和祈念資料館。展示室には日本軍による住民虐殺や、集団自決などが、住民の証言や、写真で展示されている。審議会委員には、是非見てもらいたい。)
(写真下、資料館の外にある平和の礎。沖縄戦で死亡した全ての人々の氏名が刻まれている石碑群。)

|

« 作男、慰労される | トップページ | 「軍関与削除 見直しも」 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/170544/16620173

この記事へのトラックバック一覧です: 沖縄の皆様ー本土でも大きく報道されています(教科書検定抗議):

« 作男、慰労される | トップページ | 「軍関与削除 見直しも」 »