« 緊急!「いくらなんでも」 -米空母への給油 | トップページ | 「エレベーターの強度不足」その後 »

2007年9月23日 (日)

ジャガイモの植えつけー作男がんばる

Dscn1740_320  今朝は6時から、女農園主の指示のもと、本家農園での農作業に精をだしました。ジャガイモの植えつけです
先週、農園全体を耕して石灰を散布しておきましたので、今日は畝つくりからです。
60cmの間隔で2本の紐を張り、紐の外側の土を掘り、ひもの内側に入れて畝を高くします。
高いといっても15cm以下の平畝です。
作男も農作業に慣れてきたので、結構上手に鍬を使います。
畝が出来たところで、種イモをまっすぐ植えつけるように、畝の中央にひもをはDscn1741_320ります。
次ぎは植付けです
畝の中央のひもに沿って深さ15cmぐらいの溝を掘ります。この溝の中に30cmの間隔で種イモをおきます。
種イモは、教科書などには1個を半分に切って、切り口を1週間ほど乾かしてから植えつけるように書かれていますが、苗店のアドバイスで、1個をそのまま植えつけることにしました。
支柱に赤いビニールテープを30cmの間隔で巻きつけ、それを目印に種イモを置いてゆきました。
種イモと種イモの間に堆肥と化成肥料を施してから、土を戻して作業終了です。
涼しい朝の風を受けながら、作業は2時間ほどで終りました。
高い値段の種イモを1個丸ごと植えつけしたのだから、大きなジャガイモが沢山収穫できるとよいのですが。
種イモの15倍もの収穫があるという話ですから、そうなると運ぶのにリヤカーが必要かなと言ったら、女農園主は、「種イモより少なかったりして」と笑っていました。
家に戻り、農作業後に朝食を食べるなんて、本当の農家みたいだなと、作男は思うのでした。
(写真上、ジャガイモ畑になった農園全景)
(写真下、全部植えつけしたところを写真に撮り忘れ、1個だけまた掘り返してパチリ。このような種イモを30cm間隔で植えつけました)

|

« 緊急!「いくらなんでも」 -米空母への給油 | トップページ | 「エレベーターの強度不足」その後 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/170544/16544754

この記事へのトラックバック一覧です: ジャガイモの植えつけー作男がんばる:

« 緊急!「いくらなんでも」 -米空母への給油 | トップページ | 「エレベーターの強度不足」その後 »