« 瑞がき山へ | トップページ | 日経平均874円安!! »

2007年8月16日 (木)

酷暑 熊谷で40.9度

                                                                 Kishou1_320                         ついに、わが埼玉県が山形県を抜いて、国内最高気温を更新してしまいました。熊谷市の熊谷地方気象台で、今日の最高気温が過去国内最高の40.9度を記録したのです。
従来の国内最高気温が1933年(昭和8年)7月25日の山形市の40.8度でしたから、74年ぶりの更新です。
昨日は熊谷市に近い東武東上線の森林公園駅付近のレールがあまりの暑さで変形したとかで、一時運転休止になりましたから、その下地はできていたのです。
 僕は朝から、ことによると熊谷市の最高気温記録更新もあるかもしれないと、我家の温度計をにらんで、少し興奮していたのです。ちなみに熊谷市の過去の最高気温は1997年7月5日の39.9度です。
 遂に14時42分になんと40.9度を記録したことが発表されました。同じ頃、我家の外部温度計は38度でした。樹木が多いためか、我家の気温は他と比べるといつもやや低めです。熊谷市だけの最高気温の更新なるかと思っていたのですが、過去の国内最高気温を越えて、熊谷市の名前が全国に知られることになりました。
筑波大学・木村富士男教授によると、熊谷市の高温は次ぎの理由だそうです
「1つは『ヒートアイランド現象』。熊谷は海から遠く、都市部を通って温められた海風の風下に位置するので暑くなりやすい。2つ目は、広義の『フェーン現象』。北関東では暑い日に西寄りの風がよく吹く。熊谷の場合、西側の秩父山地から降りてくる風が湿気を帯び、暑さが増すのです」
同じ埼玉の平野部でも熊谷市が特にこの条件に合致しているようです。今夏中にこの記録を再更新することがあるかもしれません。

今、2つの心配事があります。この異常とも思える高温と地震との関連です。おりしも千葉県沖で群発地震が発生し、今朝はM5.3の地震が発生しました。
我家に近い新河岸川に迷い込んで死んだイルカも、なにか関連があるのかもしれません。
全国的にも、地電流、電波伝達などの異常が増えている様ですし、台風の進路の変な動きも気にしています。ともかくしばらく地震対策を怠らないようにしましょう。

もうひとつは、友人の住む石垣島に向っている台風8号です。中心気圧が910hpで瞬間最大風速が80mという超猛烈な台風です。前にも温暖化の影響から、今後、今まで経験した事のないような大型台風が襲来するようになるだろうと書きましたがこれもそのひとつと考えます。
 最近は昔、教科書で学習した台風の進路とは全くことなる進路を進むことも多くなりました。
 明かに地球規模の気象異常が進行中である事を認めざるをえません。
 石垣島のT君、昨年は浄化槽の蓋が舞い上がる台風の様子を知らせてくれましたが、今度もどんな台風だったか、また知らせてください。
  (写真は熊谷地方気象台、開設後108年の歴史があります。)

|

« 瑞がき山へ | トップページ | 日経平均874円安!! »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/170544/16138424

この記事へのトラックバック一覧です: 酷暑 熊谷で40.9度:

« 瑞がき山へ | トップページ | 日経平均874円安!! »