« ザ・シューター(極大射程)-映画 | トップページ | キキョウ(桔梗)の続き »

2007年6月19日 (火)

狙撃手

Dscn1426_320  狙撃手の映画について書きましたが、映画「山猫は眠らない」シリーズを見た時、この孤独な戦士達について、その歴史や使用する銃などを知りたいと思い、入手したのが、この本、ピーター・ブルックスミス著「狙撃手」でした。発行は原書房。狙撃手に関する本は何冊かありますが、なかで一冊を選ぶとすればこの本だと思います。
 狙撃手たちの精神力や、その心理的側面、豊富な実際の狙撃戦の描写、各国の有名な狙撃手伝、その歴史そして、狙撃に使用される銃の事が詳細に描かれています。
映画では、狙撃手の心理や手にする銃の詳細を描く事より、決闘的対決やアクションに重きがおかれますが、この本は、何日も執拗に標的を追い続け、大小便を垂れ流しながら待ちつづける孤独な彼らの真の姿を、あますところ無く描いています。

|

« ザ・シューター(極大射程)-映画 | トップページ | キキョウ(桔梗)の続き »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/170544/15488101

この記事へのトラックバック一覧です: 狙撃手:

« ザ・シューター(極大射程)-映画 | トップページ | キキョウ(桔梗)の続き »