« 使ってみたい商品ーエネループ ソーラーチャージャー | トップページ | 従軍慰安婦意見広告について »

2007年6月28日 (木)

日本航空株その4

 日本航空(株)は26日に、なんとか定時株主総会を終わらせる事ができたものの、株主への不信感は払拭せず、JAL再建正念場(毎日新聞見出し)を迎えて、今後の対応に経営陣の責任はますます、重くなっています。頓挫している、財務基盤強化の切り札となる筈だった主力取引銀行への金融支援が、7月以降にどういう展開を見せるのか、予断を許さない厳しい状況が続きます。ただ、株主総会での、現経営陣の頼りない対応に、批判が相次いでいる事から、このままの体制で、再建計画が加速して行くとは、誰もが思っていないことも事実だと思われます。
 株価のほうは、この会社について関心を持つ以上、自分も株を購入しますと書いた5月10日の244円を高値に、今日の231円までじりじりと下げてきています。購入価格より、一度も上がらないのもしゃくですが、不思議と230円台は保持しています。このあたりのカラクリはどうも良くわかりません。しかし僕の心配した219円位もあると思ったのは、若干修正しなければなりません。これからどうなるかと言えば、多分この状況がしばらく続くと思われます。
ということは、僕のパソコン画面では、当分の間、赤数字を見続けることになりそうです。その先を読める人は多分誰もいないでしょう。そんな難しい会社です。ただ、231円で買って234円で売るなどの、小刻みな売買は、どうも可能かも知れません。それと、これからの夏期の航空業界特需要素で、260円くらいまで上がるようなことがあれば、ひとまず売りますかね。多分無いと思います。
 ところで、無配のボロ株などと書きましたが、株主優待の事は忘れていました。
  
  (1)株主優待割引券
1,000株以上   1枚/回(年1回、5月のみ発行)
2,000株以上   1枚/回(年2回、5月と11月に発行)
3,000株以上   2枚/回(年2回、5月と11月に発行)
4,000株以上   3枚/回プラス4,000株超過分2,000株ごとに1枚
(年2回、5月と11月に発行)
10,000株以上   6枚/回プラス1万株超過分4,000株ごとに1枚
(年2回、5月と11月に発行)
JAL、JEXが運航する国内線全路線対象
搭乗日に適用となる大人普通運賃1名分の片道1区間、1枚50%割引
有効期限:5月発行分6月1日~翌5月31日、11月発行分12月1日~翌5月31日
優待割引利用時の積算マイルは区間マイルの75%となります。

 これを、3000株の場合に当てはめて、優待券の買値を下記として利率を計算すると、        6、500×4枚=26、000円 すなわち3.75%になります。 待てよ、やけに利率が良いな、間違っていないだろうか。いや間違っては無さそうです。このボロ株の配当?、利率からすると、ひょっとして割安?。
 優待券の買い取り価格は、下記のサイトを参考にしました。
   JAL(有効期限2008/5/31)・・・・1枚\6500でお買取り  
   ANA(有効期限2008/5/31)・・・・1枚\8700でお買取り 

http://www.a-tabi.com/baybay.html
JALとANAの買い取り価格が違いすぎることですか、どこのサイトでもこの価格差はついているようです。ヤフーファイナンスの、日本航空の掲示板を見ると、ANAのサービス全般の評価は、JALを大きく引き離しています。本当に、全ての面で、JALは国営会社みたいな、その体質改善を求められており、またそれが出来ない会社でもあります。前途多難。多難。多難。

|

« 使ってみたい商品ーエネループ ソーラーチャージャー | トップページ | 従軍慰安婦意見広告について »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/170544/15588224

この記事へのトラックバック一覧です: 日本航空株その4:

« 使ってみたい商品ーエネループ ソーラーチャージャー | トップページ | 従軍慰安婦意見広告について »