« 狙撃手 | トップページ | 湯の丸山から烏帽子岳へーレンゲツツジを見る »

2007年6月20日 (水)

キキョウ(桔梗)の続き

Dscn1503_320 狙撃手についてなど、殺伐とした事を書きましたので、危ない奴と思われただろう反省から、今日は花についてです。
 6月12日に今年も庭に咲いたキキョウについて、野に咲く可憐な桔梗の方が好きだと書きました。庭の園芸種のキキョウは、その後も咲き続け、今朝は御覧のとおりです(写真左)。植木鉢でいちど枯れた状態からよくぞここまで再生してくれたものです。
 しかし、好きな山である四阿山に咲いている桔梗は、背も高く、花は1輪咲きで、可憐ともいえますが、どこか凛としたすがすがしさがあり、ここに見る園芸種とは、別の花のように思えます。武士にも好まれたようで、キキョウの家紋といえば,明智光秀が有名ですが、清和源氏土岐氏の代表的家紋です。
野生のものは、個体数が減少しており、レッドリスト(環境庁)において絶滅危惧II類(絶滅の危険が増大している種)に分類されています。
JR北海道の函館本線にこの花の名前がついた、桔梗駅(ききょうえき)があります。きっと、付近に沢山の桔梗の花が咲いていた所だと、想像しています。
   
      紫の ふつとふくらむ ききやうかな    正岡 子規
 
 正岡子規は好きです。音楽座のミュージカル「アイ・ラブ・坊ちゃん」に出てくる山嵐に重ね合わされた子規は、いいですよ。
 もうひとつ、NHKが三部作として、3年にわたって放送予定の、司馬遼太郎の代表的長編小説「坂の上の雲」を原作とした、スペシャルドラマ「坂の上の雲」に登場する子規が楽しみです。
   http://www.nhk.or.jp/matsuyama/sakanoue/ スペシャルドラマ「坂の上の雲」H.P.

|

« 狙撃手 | トップページ | 湯の丸山から烏帽子岳へーレンゲツツジを見る »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/170544/15497892

この記事へのトラックバック一覧です: キキョウ(桔梗)の続き:

« 狙撃手 | トップページ | 湯の丸山から烏帽子岳へーレンゲツツジを見る »