« 日本航空株その4 | トップページ | ヒオウギアヤメー厚岸町と櫛形山 »

2007年6月30日 (土)

従軍慰安婦意見広告について

Washi ワシントンポスト紙に掲載された「従軍慰安婦」に関する意見広告が、マスコミに大きく取り上げられています。この意見広告にたいして、国内は勿論、米国や日本の近隣諸国からも、反論が出ています。また、米国の慰安婦対策の記述部分が、米国の新聞に掲載する意見広告としては、あまりに思慮が無さすぎたことも、問題が大きくなった理由のひとつでしょう。
 この、事件に関して日本のマスコミは、どんな意見広告だったのか、また賛同者はどんな人達だったかの詳細を書かずに、反響の大きさの話題だけが先行しているように思えます。また、なぜか櫻井よしこだけが取り上げられる事が多いので、参考までにその意見広告の詳細を書いているサイトを紹介しておきます。それと、意見広告賛同者の氏名を、日本語で表記したサイトから、利用自由とのことなので写させてもらいました。(少し見やすく修正しました)。
その意見広告の内容は、この広告が報道されてから、多くの人が疑義を唱えたように、真実が明らかになっている事例には、全く触れず、軍の関与は無かったとの論旨に偏りすぎているように思えます。また、被害女性にたいする思いやりに大きく欠けているところが見られ、意見広告賛同者のなかに、3人の女性が含まれる事に驚きの目が向けられています。公平にみても、世の中には、この主張は受け入れ難いと考える人達の方が多いと思います。
  http://dj19.blog86.fc2.com/blog-entry-83.html  意見広告
   http://muranoserena.blog91.fc2.com/blog-entry-266.html  賛同者氏名


「問題が大きく取り上げられた今、この意見広告賛同者には、日本の新聞に日本語で書いた同じ文面を、意見広告として掲載し、多くの人の意見を聞いてみたらという提案をします。」

賛同者名簿(朱色氏名は女性)
《国会議員合計44名》
「自民党」(29名)
1.愛知和男    衆議院 東京都(比) 
2.赤池誠章    衆議院 南関東,(比)   
3.稲田朋美    衆議院 北陸信越(福井1)
4.江藤拓      衆議院 九州(宮崎2)
5.大塚高司    衆議院 近畿(大阪8)
6.岡部英明    衆議院 北関東(比)
7.小川友一    衆議院 東京都(東京21)
8.鍵田忠兵衛  衆議院 近畿,(比)
9.亀岡偉民    衆議院 東北(福島1)
10.木原稔    衆議院 九州(比)
11.木挽司    衆議院 近畿(兵庫6)
12.坂井学    衆議院 南関東(神奈川5)
13.島村宜伸    衆議院 東京都(東京16)
14.杉田元司    衆議院 東海(比)
15.鈴木馨祐    衆議院 南関東(比)
16.薗浦健太郎  衆議院 南関東(千葉5)
17.平将明     衆議院 東京都(東京4)
18.土井亨     衆議院 東北(宮城1)
19.土井真樹    衆議院 東海(比)
20.戸井田とおる 衆議院 近畿(兵庫11)
21.西本勝子    衆議院 四国(比)
22.林潤      衆議院 南関東(神奈川4)
23.古川禎久    衆議院 九州(宮崎3)
24.松本文明    衆議院 東京都(東京7)
25.松本洋平    衆議院 東京都(東京19)
26.武藤容治   衆議院 東海(岐阜3)
27.山本ともひろ 衆議院 近畿(比)
28.渡部篤     衆議院 東北(比)
29.中川義雄    参議院 北海道

「民主党」(13名)
1.石関貴史   衆議院 北関東 
2.泉健太     衆議院 近畿(京都3)
3.河村たかし   衆議院 東海(愛知1)
4.北神圭朗    衆議院 近畿(比)
5.神風英男    衆議院 北関東(比)
6.田村謙治    衆議院 東海(比)
7.牧義夫     衆議院 東海(愛知4)
8.松木謙公   衆議院 北海道(比)
9.松原仁     衆議院 東京都(比)
10.吉田泉     衆議院 東北(比)
11.笠浩史     衆議院 南関東(比)
12.鷲尾英一郎  衆議院 北陸信越(比)
13.松下新平   参議院, 九州(宮崎)

「無所属」(2名)
1.西村真悟     衆議院 近畿(比)   旧民主党
2.平沼赳夫     衆議院 中国(岡山3) 旧自民党

 その他賛同者
《その他19名》
【教授/政治評論家/ジャーナリスト】
1.福田逸      明治大学教授・新しい歴史教科書をつくる会理事.
2.遠藤浩一    拓殖大学日本文化研究所客員教授・同上
3.宮崎正弘    国際エコノミスト
4.東中野修道  (亜細亜大学教授)、今日の南京事件否定派の中心人物
5.荒木和博    拓殖大学教授、北朝鮮に拉致された日本人を救出するための全国協 議会事務局長
6.島田洋一    福井県立大学教授、安倍晋三ブレーンの一人
7.西岡力     (東京基督教大学教授)
8.藤岡信勝    拓殖大学教授、<つくる会>会長
9.加瀬英明    交評論家、日本会議代表委員、史実を世界に発信する会長
10.西尾幹二    <つくる会>名誉会長 (電気通信大学名誉教授)
11.富岡幸一郎 
12.岡崎久彦   元駐タイ大使、日本の集団的自衛権保持の可能性について考える会

  有識者委員

1.青山繁治
2.茂木弘道
 
賛同人:歴史事実委員会として
1.屋山太郎  政治評論家
2.桜井よしこ ジャーナリスト
3.花岡信明   政治評論家
4.すぎやまこういち 作曲家
5.西村幸佑 ジャーナリスト、「「反日」の構造―中国、韓国、北朝鮮を煽っているのは誰か」の著者

下記の意見広告に見られるように、女性蔑視ともとられる記述に賛同した2人の女性議員と櫻井良子の公式H.P.、ブログなどには、反響の意外な展開に驚いたのか、報告や記述は一切ありません。
稲田朋美    衆議院 北陸信越(福井1)
       http://ja.wikipedia.org/wiki/%E7%A8%B2%E7%94%B0%E6%9C%8B%E7%BE%8E

西本勝子 
   衆議院 四国(比)    
http://www.nishimotokatsuko.com/flame.html


桜井よしこ ジャーナリスト
      http://ja.wikipedia.org/wiki/%E6%AB%BB%E4%BA%95%E3%82%88%E3%81%97%E3%81%93

FACT 5 The ianfu who were embedded with the Japanese army were not, as is commonly reported, "sex slaves." They were working under a system of licensed prostitution that was commonplace around the world at the time. Many of the women, in fact, earned incomes far in excess of what were paid to field officers and even general (as reported by the Unites States Office of War Information, Psychological Warfare Team Attached to U.S. Army Forces, India-Burma Theater, APO 689), and there are many testimonies to the fact that they were treated well.
There are records of soldiers being punished for acts of violence against the women. Many countries set up brothels for their armies, in fact, to prevent soldiers from committing rape against private citizens. (In 1945, for instance, Occupation authorities asked the Japanese government to set up hygienic and safe "comfort station" to prevent rape by American soldiers.)


事実5
日本軍に配属された慰安婦は、現在頻繁に報道されているような「性の奴隷」ではなかった。慰安婦は公娼制度の下で働いており、当時、公娼制度は世界中で当たり前であった。実際、慰安婦の多くが佐官どころか将軍よりも遥かに高い収入を得ており(アメリカ陸軍インド・ビルマ戦域軍所属
アメリカ戦時情報局心理作戦班 APO 689によって報告されている)、慰安婦の処遇は良好であったという事実の証言も多くある。

|

« 日本航空株その4 | トップページ | ヒオウギアヤメー厚岸町と櫛形山 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/170544/15601159

この記事へのトラックバック一覧です: 従軍慰安婦意見広告について:

« 日本航空株その4 | トップページ | ヒオウギアヤメー厚岸町と櫛形山 »