« 国立新美術館 | トップページ | ハナズオウの花 »

2007年4月24日 (火)

智積院(ちしゃくいん)ー京都

800px1_320_1 京都の智積院 。参拝して、これほど気持ちの良かった寺院は他に有りません。真言宗智山派総本山にして、全国3000の寺院修行研鑚の根本道場で、その檀信徒の総菩提所です。我家のお寺である慈眼寺住職の「いちど参拝しておくと良いですよ」との勧めで、一昨年の4月、桜が満開の京都に旅行し、参拝してきました。
なにが、良かった言えば、境内で行き交う僧侶達のすべてが、笑顔で挨拶してくれるのです。きっと、全国の寺院から修行に来ている若い学僧達でしょう。
それも、心からこの寺に参拝にこれた事を、喜んでくれているといった感じが伝わってきます。もちろん広い境内には、数々の伽藍と、見るべき多くの貴重な文化遺産もありますが、観光で廻る他の寺社にはない、僧侶達との心のふれあいは、本当に嬉しく、この寺を訪ねる事を勧めてくれた慈眼寺住職に感謝しました。
智積院の場所は、JR京都駅よりバス10分、東山七条下車 が便利です。七条通り正面にあり、近くには国立博物館や三十三間堂もあります。観光寺院ではありませんが、真言宗徒でなくとも、国の名勝に指定されている書院庭園は、訪ねるだけの価値はあります。
 慈眼寺も真言宗智山派ですが、真言宗には高野山の流れをくむ古義真言宗と、高野山から別れた新義真言宗があります。両者は共に真言宗であり、弘法大師空海の思想を受け継いでいますので、教義に大きな違いはないようです。
新義真言宗には、この智山派の他に、前に書いた四谷東福院がそうですが根来寺を本山とする新義真言宗と、長谷寺を本山とする豊山派の3派があります。
厄除けで有名な川崎大師(平間寺)や、高尾山薬王院、安全祈願などの参詣人の多い成田山新勝寺なども智山派の寺院です。
高野山真言宗にも10以上の派がありますが、このへんは別の機会に書くこととします。

|

« 国立新美術館 | トップページ | ハナズオウの花 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/170544/14827808

この記事へのトラックバック一覧です: 智積院(ちしゃくいん)ー京都:

« 国立新美術館 | トップページ | ハナズオウの花 »