« ハナズオウの花 | トップページ | 気になる株式ー日本航空と三洋電機 »

2007年4月26日 (木)

イチリンソウが咲いています

Dscn1379_1024  女農園主が、農園に行く途中の斜面にイチリンソウの群生を見つけたと教えてくれたので、半信半疑ながら、行ってみました。
ニュウータウン近くの雑木林の斜面に、白い花が幾つも咲いています。イチリンソウがどんな花なのか、記憶がなかったので、いちおう持ってきた写真と見比べてみました。真っ白な5枚のはなびらと、ぎざぎざの葉、間違いなくイチリンソウでした。この花、埼玉県絶滅危惧種植物リストの準絶滅危惧種に分類される貴重な植物なのです。県内の川口市では、2002年に市指定文化財(天然記念物)に指定されたようです。それが、こんなところに!。
茎がフニャフニャで、その茎に花が1個づつ咲いています。自立するのもやっとといった感じで、他の草に寄りかかるようにしています。この花について、インターネットで調べた事を書きます。
イチリンソウは、「ニリンソウ」と同じキンポウゲ科の植物で、春植物といわれています。春植物とは、早春に茎や葉を地上に出して花を開き光合成を行い、初夏には地上部が枯れてしまい、地下の根茎で生きる植物です。芽吹いてからほんの1~2ヶ月の間に、花を咲かせ、種子を作り、来年の準備をして、枯れてしまいます。どうもはかない花のようで、僕もこの群生地を荒らされないように見守りつつ、花の消えて行く様を観察する事にします。

Dscn1380_320

(真っ白な花が、本当に頼りなさそうな細い茎にひとつ咲いています。)

(花の直系は3~4cmくらいです)

|

« ハナズオウの花 | トップページ | 気になる株式ー日本航空と三洋電機 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/170544/14852762

この記事へのトラックバック一覧です: イチリンソウが咲いています:

« ハナズオウの花 | トップページ | 気になる株式ー日本航空と三洋電機 »