« 在日米軍施設のアスベスト問題 | トップページ | あれこれー4 »

2007年2月19日 (月)

理論株価20円!-日本航空

Fe08001_320  業績低迷が続く日本航空(JAL)が苦戦しています。5000人規模の人員削減、経費削減などから、給与、、役員報酬のカット、不採算の地方路線の廃止など、経営再生計画を打ち出しましたが、前途多難です。経営不振を端的に表す数字があります。「ZAI」という雑誌に、毎月掲載される目玉記事に「3877全上場企業の理論株価と倒産確率」があります。僕は割高、割安な銘柄を見つける資料として、この記事に示される数字は、いつも参考にしています。ここでの日本航空の理論株価は、なんと20円、一部上場の大会社で、こんな株価を示されているところは、他に見当たりません。勿論、実際の株価が20円になるという事ではなく、あくまでデーターからみると、こんな株価算定になるという事です。ちなみに、日本航空の昨日の終値は、274円、勿論無配です。
一方、業績の良い、全日空(ANA)は、終値は、479円、理論株価は、519円です。配当も3円(0.63%)つきます。
時価総額でも、資本金の多い、日本航空を、2000億円も上回っています。
日本航空の西松社長は、2010年度に880億円の営業利益を目指す、10年度までに復配できない場合は辞任する旨の発言をしています。
株は、業績の最も悪い時に買いという人もいます。それでは今の株価で、買うかと云われると、僕は「うーん」です。もう少し、様子を見ます。ALとANAの提携、合併の線が出てくれば別ですが。昨年、シンガポール便を利用した際、わかったのですが、HISなどで日本航空より、今、人気のあるシンガポール航空の搭乗を希望すると、便により、チケットが6000円ほど高いのです。日本航空よ、がんばって信頼回復と安全確保、サービスの向上に努めてください。シンガポール航空に負けるな。でも、客室乗務員1人あたりの受け持ち乗客数が、シンガポール航空は34人、一方JALは37~39人、ここでも負けているし、飛行機もシンガポール航空は5年くらいで、新型機に変える余裕があります。JALは?。JAL、前途は厳しいぞ。
参考ーZAIの理論株価とは
 (今後、20年間に予想される、その企業の一株あたりのキャッシュフロー(現時点での、調整済み株主資本と、今後の株主資本増加分と配当の合計額)を現在価値で割引いて算出したもの。)  (-_-;) すみません、よくわかりません。

250px1_320

JAL本社のあるビル

                                    

|

« 在日米軍施設のアスベスト問題 | トップページ | あれこれー4 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/170544/13978034

この記事へのトラックバック一覧です: 理論株価20円!-日本航空:

« 在日米軍施設のアスベスト問題 | トップページ | あれこれー4 »