« 2007年1月 | トップページ | 2007年3月 »

2007年2月27日 (火)

確定申告と医療費控除

昨日、確定申告書を提出しました。一昨年より、国税局のHPの、申告書の作成コーナーで作成した申告書を提出しています。これは、申告のコースを選んで、その入力画面の所定欄に数字を入力していくと、自動作成してくれるので、用紙に自分で書きこむより、確実に早く作成できて、とても便利です。作成途中の訂正、修正も簡単で、最後にプリントアウトした申告書を、税務署に提出するだけで済みます。
  http://www.nta.go.jp/  国税局のHP(ここから作成できます)
 ところで、僕の場合は医療費の支払いも少ないので、医療費控除はありませんでしたが、ひとつ知らなかった事があります。
確定申告では、「年間の医療費が10万円を超えないと医療費控除の対象にはならない」と覚えていましたが、そうではなく、「所得金額の5%か10万円の、どちらか少ない方」だそうです。
サラリーマンの場合、年収が312万円になると、所得金額が200万円を超え、所得の5%が10万円以上になってしまうので、一般的に10万円以上だと考えてしまいそうです。
年金収入だけの高齢者の場合、所得が200万円以上になるには、年金が320万円以上ある場合です。年金額が320万円より少ない場合は、医療費の控除対象額は、10万円より、少なくなるのです。
例えば、年金額が200万円の場合、公的年金等控除(120万円)を引いた後の所得金額は80万円ですから、その5%は4万円となり、年間の医療費が4万円を超えた金額が医療費控除として、申告できるのです。
自分は、年間額が少ないので、所得税は0円だから、医療費控除の申告はしても、しなくても同じだと考えずに、医療費控除による税の軽減額は、住民税とあわせた額から軽減されますから、申告したほうが得です。まあ、金額から言えば、先程の年金収入200万円の場合、医療費が10万円かかったとすると、税の軽減額は、約11、400円ほどです。医療費控除の場合、書類作成や、支払い病院、薬局別に領収書をまとめなければならず、11、400円程度なら、手間を考えて止めるよという人も多いかもしれません。しかし、高齢者の場合、医療費控除の対象になるのは、病院や薬局への支払い以外にも、いろいろありますので、調べ直して検討してみるのも良いでしょう。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007年2月26日 (月)

春の足音

Dscn1101_320 志木ニュータウン内で、昨年より20日程も早く、しだれ梅とユキヤナギの花が、咲き始めました。我家の庭のラッパ水仙も、蕾が大きく膨らんでおり、多分今週中には花が開くでしょう。昨年の3月21日のブログで、「ラッパ水仙」が咲きましたと書いていますから、やはりこちらもかなり早めです。
 軽井沢では、早くもメスの熊2頭が、射殺されました。冬眠から早く目覚めたのか、それともほとんど冬眠しなかったのか不明です。昨年の全国のツキノワグマの駆除数は5000頭を上回る数でした。今年はこれを上回るのでしょうか?。国内の生息数からいえば、このままでは、数年で絶滅寸前の状態になってしまう計算になります。
今年の稀に見る暖冬が、さまざまなところに影響を与え始めています。山の積雪量も少ないようなので、ゴールデンウイーク頃の山の状態は、例年と大きく変わると思います。
 土曜、日曜日は、DVDで「LOST」を見始めたら、面白くて止められず、すっかり嵌ってしまいました。シリーズ連作はまだまだ続くので、これは、困った事になりました。
  http://www.axn.co.jp/lost/index.html 人気TVドラマ「LOST」のHP

Dscn1102_320

(写真上、しだれ梅)
(写真下、ユキヤナギ)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007年2月23日 (金)

ホウレンソウの収穫

Dscn1097_320  昨年の11月12日に、種を蒔いたホウレン草が、こんなに成長し収穫できるようになりました。本家農園の話です。昨日、収穫してきた女農園主もニコニコ。(^O^)
今、農園に残っているのは、このホウレンソウとサヤエンドウだけです。
市民農園の廻りの区画では、土を掘り返し、石灰を撒いて、土づくりを始めたところもあり、早くもジャガイモは苗を植え込んだところもあります。女農園主も、そろそろ我が家も春の土づくりと言っていますので、力仕事請負い人、作男(僕)の出番も近いようです。2年目の農園、今年はどうなるか楽しみです。ところで、60cm角の我が超ミニ農園も、今年も勿論やります。ブログネタですから。本家に負けないように、先ず、石灰を撒くところから始めます。今年はピーマンを植えようと思っています。昨年の本家農園での、大収穫を見て、そう決めました。60cm角ですから、2本がよいところ。それでも、無事成長してくれれば、夏はピーマンを買う事は無いでしょう。こちらも楽しみです。

Dscn1098_320
(写真上、今日の収穫。食べたら、柔らかくて甘みもあり、美味でした。)

(写真下、寒冷紗を掛けた為か、
無農薬でも、虫もつかず成長した本家農園のホウレンソウ。)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007年2月22日 (木)

収集が2回になっていたポスト

Dscn1096_320  いつも利用している柳瀬川駅前のポストです。確か、昨年の10月頃、日本郵政公社が、年間30億円の費用圧縮を見こんで、ポストの郵便物の収集を、現在1日3回を2回に減らすと発表したのは覚えていたのですが、このポストまで対象になっていたとは、最近まで気がつきませんでした。全国に19万本あるポストのうち、4万本が対象となったそうですが、この4万本中に入ってしまいました。早朝6時50分が、中止になっており、実は、僕が一番当てにしていた収集時間でした。真夜中にでも投函しておけば、朝には収集してくれるという安心感があったのです。郵政公社は、郵便物の区分作業などを大幅に効率化することで、配達日時などは従来と変わらないようにすることができるという見解ですが、その後の影響については報道もなく良くわかりません。
僕の場合、早朝収集がなくなって、川崎や仙台などに送った郵便が、今までより1日遅れる事態が、時々発生してはいます。いよいよ今年の10月から郵政公社も株式会社となって、一層の合理化が進む事でしょう。郵便の集配業務を担当する郵便事業株式会社でも、現在の11時10分と15時55分の2回の収集も、間をとって13時1回の収集でも、その影響は少ないのでは、などど検討を始めるかもしれませんね。
 確かに、もしポストの収集が、1日一回だと、生活にどんな影響を及ぼすかと考えると、僕自身、こうだから困るという理由があまり思いつきません。仕事でも、メールやFAXを多く使い、資料、図面類の送付は宅配便に依頼しているので、速達便での郵送もめっきり減りました。事によると、1日一回と割り切ればすむのかな。
こんな事も考えました。収集は一回で良いから、現行80円の送料を、急がなくても良い郵便物は60円位にする。急ぐ場合は「急」と書いて100円とする。早い、ゆっくりを明確にするわけです。今の速達便はどうするかは、まだ考えていません。
都内のポストは、まだ3回の収集がされているようですが、これも同じとしてしまう。但し、事務所街のポストは、夕方になると、今でも満杯で押しこむのに苦労しますから、新デザインの大型ポストに変える。
いかん、こんな事を書き始めると、また、ブログ作成にかかり切りになりそうです。
ポストの事は、ここまで。
ところで、黒川紀章氏が、都知事選に出馬の意思ありとの事、これは石原都知事にべったりで、オリンピック招致に尽力しているライバル、安藤忠雄氏に対するけん制かなどと、あらぬ妄想をしております。

Dscn1095_320

(朝、6時50分の収集が無くなっていました。汚い消し方ですね、もう少しきれいに訂正しなさい。)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007年2月20日 (火)

あれこれー4

  電車の中でー1(携帯電話)
電車に乗る事が少なくなっているのですが、今、ある事、すなわちその光景に出会う事があればと期待している事があります。
電車の座席は、ご存知、横に7人掛けとなっています。その席に座り、一斉に携帯電話を操作している光景は、通常良く見られる光景です。この横に並んだ7人のうち、何人が携帯電話画面をじっと眺めていたり、通話したりしているのか、僕が今まで見た最大人数は5人です。これは何度か目撃しました。実は後1歩のところで6人となる状態があったのですが、6人目が電話を取り出した瞬間に、1人が席を立ってしまいました。夜の東武東上線の準急の下りでした。実は6人を待っていたのではなく、なんとか横一列7人全員が携帯電話を握り締めている状態にならないか、それを目撃できないかを、待ち望んでいるのです。なにを期待するのかと聞かれれば、それはかなり異様な光景ではないかと、その瞬間を見たいだけなのです。
  電車の中でー2(うーん、とうなる会話)
先日の、昼の東武東上線、上りでの事です。女子高生か、もう少し上か、4人の女性の会話です。「ねー。10時集合といえば、普通10時15分か20分じゃない。それをA子ったらさー、10時前から来て、みんな遅いって云うんだよ。いやになっちゃうよ」一同異論なし。
普通?。そうなんだ、近頃は!。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007年2月19日 (月)

理論株価20円!-日本航空

Fe08001_320  業績低迷が続く日本航空(JAL)が苦戦しています。5000人規模の人員削減、経費削減などから、給与、、役員報酬のカット、不採算の地方路線の廃止など、経営再生計画を打ち出しましたが、前途多難です。経営不振を端的に表す数字があります。「ZAI」という雑誌に、毎月掲載される目玉記事に「3877全上場企業の理論株価と倒産確率」があります。僕は割高、割安な銘柄を見つける資料として、この記事に示される数字は、いつも参考にしています。ここでの日本航空の理論株価は、なんと20円、一部上場の大会社で、こんな株価を示されているところは、他に見当たりません。勿論、実際の株価が20円になるという事ではなく、あくまでデーターからみると、こんな株価算定になるという事です。ちなみに、日本航空の昨日の終値は、274円、勿論無配です。
一方、業績の良い、全日空(ANA)は、終値は、479円、理論株価は、519円です。配当も3円(0.63%)つきます。
時価総額でも、資本金の多い、日本航空を、2000億円も上回っています。
日本航空の西松社長は、2010年度に880億円の営業利益を目指す、10年度までに復配できない場合は辞任する旨の発言をしています。
株は、業績の最も悪い時に買いという人もいます。それでは今の株価で、買うかと云われると、僕は「うーん」です。もう少し、様子を見ます。ALとANAの提携、合併の線が出てくれば別ですが。昨年、シンガポール便を利用した際、わかったのですが、HISなどで日本航空より、今、人気のあるシンガポール航空の搭乗を希望すると、便により、チケットが6000円ほど高いのです。日本航空よ、がんばって信頼回復と安全確保、サービスの向上に努めてください。シンガポール航空に負けるな。でも、客室乗務員1人あたりの受け持ち乗客数が、シンガポール航空は34人、一方JALは37~39人、ここでも負けているし、飛行機もシンガポール航空は5年くらいで、新型機に変える余裕があります。JALは?。JAL、前途は厳しいぞ。
参考ーZAIの理論株価とは
 (今後、20年間に予想される、その企業の一株あたりのキャッシュフロー(現時点での、調整済み株主資本と、今後の株主資本増加分と配当の合計額)を現在価値で割引いて算出したもの。)  (-_-;) すみません、よくわかりません。

250px1_320

JAL本社のあるビル

                                    

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007年2月18日 (日)

在日米軍施設のアスベスト問題

 東京マラソンが開催されたからでしょう、昨日、今日、このブログに検索項目が「ペースメーカー、報酬」で訪ねてくれた方が、多数います。笑っては失礼ですが、皆、同じ事を考えるんだと幾分、安心しました。幾らぐらいの報酬か、誰でも気になりますよね。2月5日に「ペースメーカーの報酬」についていくら検索しても、時間ばかりかかって、少しも疑問が解決しないから、「ペースメーカーの報酬」については、もう調べないと書きましたので、今日もこれ以上深追いしません。
ところで、昨日の続きです。
 昨年、ある在日米軍施設の改修工事の設計を行った時の事です。既存部分の撤去工事範囲に、少ない面積ながら、床にアスベストタイル(Pタイル)、天井部分に高圧石綿板(フレキシブルボード)が使用されていました。この撤去指示書に、撤去工事の祭は、他の執務室に粉塵が進入しないよう、工事する部屋を密閉し、アスベスト除去専門業者が工事を行う事。アスベスト含有建材は、一枚づつ、手作業で外し、床に積み上げた後、透明のビニール袋で密閉し、外部に搬出し処理することが指示されていました。
在日米軍施設ののアスベスト除去に関する工事指針は、非常に厳しいものであり、それが10年以上前から、実施されています。今回の除去工事などは、5段階ある除去仕様書のレベルの最下級の工事です。日本の場合、アスベスト被害が問題にされ始めたのも、ここ数年であり、しかも鉄骨などの耐火被覆の吹付け材や、製造工場関連などが、主として問題にされてきました。床、壁、天井、屋根などに使用されているアスベスト含有建材は、最近でこそ、その除去方法の環境庁指針などがでていますが、ほとんど危険視されてこなかったのが実状です。匠の技が発揮される、TVのリフォーム番組などで、リフォームされる既存部分が派手に解体される映像を、見た方も多いでしょう。当初は、日本の建設業者は、米軍のアスベスト建材除去の指示に、不慣れであり、認定された専門の施工業者も少なく、請負ってから、その多額の除去費用に困惑したものでしたが、最近は問題なく工事出きるようになりつつあります。幾分、除去する際の、施設内の自国民の健康被害を重視する面も有るのですが、日本国内では、今でもどんな種類の既存建物でも使用されている、石綿板などに対して、放置する日本と、厳しく対処する米国の違いは、考えさせられます。これに反して、BSE牛肉問題などの対応の悪さは、本国ではあまり問題視されていないので、日本人を軽視する緊張感の無さが見られます。この二つの問題をみても、アメリカは、よくわからない国です。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007年2月17日 (土)

バイオエタノール

 数日前のTVで見ました。アメリカでバイオエタノールを、自宅で製造し、仕事で使用している4、5台の自動車の燃料に用いて、経費(ガソリン代)を40パーセントくらい節約している事業主が、紹介されていました。この人、自宅の農場でとうもろこしを生産し、そこからバイオエタノールを作っていました。アメリカでは、バイオエタノールを販売しているガソリンスタンドまでが、遠いのでこうして自宅で作ってしまう人が増えているとのことです。このバイオエタノールの製造装置は、一式30万円ほどで、購入できるそうです。広大な土地を持つ、アメリカならではの話しですが、日本では、沖縄か北海道なら、可能性がありそうですね。(沖縄といえば、アサヒビールが、伊江島でサトウキビからバイオエタノールを作る実験を重ねています。)ところで、アメリカでは、個人がバイオエタノールを作っていますが、これを日本で個人が作ると酒税法違反で、即御用となるそうです。その他にもいろいろの法律の制限がかかって、きわめて難しいらしい。。TVのアメリカの例では、簡単に製造して車に給油しており、それが酒税法違反などにはならない雰囲気でした。
京都議定書からも離脱し、地球環境問題には、およびごしなアメリカですが、民間ではハイブリッド車は良く売れるし、バイオエタノール使用車も増えています。
日本では、バイオエタノールのガソリンへの混合などに、前向きに取り組んでいるようでありながら、各省庁の連携も悪く、酒税法などの壁が立ちはだかってしまう。高額な税収になっているガソリン税が、代替燃料が普及すると入らなくなるという心配もしています。
IRLインディカー・シリーズの使用燃料は、環境問題への配慮から、エタノールに切り換えているのに、日本で行なわれる第3戦において、エタノールを使用すると、燃料価格の5倍にもなる、2000万円の酒税負担がかかり、主催者が頭を抱えているというのも、どこかおかしい。アメリカは、いろいろな面で、矛盾だらけの変な国ですが、日本もまた、おかしな国です。
石油に頼らないエネルギー政策を進めて、バイオエタノール先進国となったブラジルの取組みなどを、是非見習って欲しいと思います。ブラジルでは、国内で2000万台の乗用車のうち、いまや15パーセントにあたる300万台が、エタノール対応車だそうです。
矛盾だらけの国アメリカの、もうひとつの話、昨年、在日米軍施設の改修工事の設計で体験した、アスベスト建材除去処理の厳格な規定について、日本政府の取組みとの差の大きさについては、また、明日書きます。BSE牛肉では、これが全く逆転しているのにね。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007年2月15日 (木)

石垣島の犬のこと

070124_256  石垣に移住した友人の家の犬達です。どちらも石垣島で野良犬生活をしていた犬で、友人宅に来るまでには、それなりのドラマがありました。そのへんのところは「本日のわん」というブログの、1月24日、25日に出演してコメントに書かれていますので、もし良かったら読んでみてください。そして、出来ましたら、ブログランキングをポチッとお願いします。勝手に僕がランキングを上げるべく、応援しているのだけなのですが。それと2007.02.07の「家にきてくれてありがとう」のわんちゃん、<ぽんぽんのすけ>も読むと感動ものです。
みんな、優しい人達ばかりですね。

この「本日のわん」は、石垣島で、捨犬、野良犬などの保護のボランティア活動をしている「わんわんclub」で毎年作成しているカレンダーに掲載された犬達で、毎日一匹づつ出演しています。「わんわんclub」については、説明するより、そのHPをも紹介しておきます。その管理人さんのブログは「本日のわん」から読めます。
    http://today.wanwan.pupu.jp/ 「本日のわん」のHP

    http://www.wanwanclub.com/ 「わんわんclub」のHP

070125_256 (写真上、ランラン)
 (写真下、ラッキー) 

| | コメント (0) | トラックバック (0)

仙台空港アクセス鉄道開業

Dscn1094_320  仙台駅の中央口付近に、仙台空港アクセス鉄道の開通までのカウントダウン案内板が設置されていました。現在、仙台駅から空港までの所要時間は、バスで40分ほどです。3月18日開業の、この新交通が出来ると最速17分とかなり便利になるはずです。しかし、仙台駅には、この案内板以外に、これといった宣伝や、標識の設置はなく、駅の案内所で聞いても、3、4番線ホームから乗降するようですと、気のない返事。新ホームや、コンコースなどが出来るわけでもないので、列車の増便程度の感覚なのでしょうか。ちょっと拍子抜けでした。
ちなみに、仙台空港の年間乗降客数は、年間約320万人くらい、全ての人が、この新アクセス鉄道を利用したと仮定しても、1日約9000人ほどの利用客では、それほど、期待されていないのかもしれません。実際には、自家用車やツアー客のバス利用を考慮すると、もっと少ない計算になる?。羽田空港と浜松町駅を結ぶ東京モノレールの1日乗降客数は約13万人です。この新アクセス鉄道、20~30分間隔の運転では、もしかすると、ガラガラ?。
でも、もう少しがんばって開業を盛り上げてください。Fe14001_320

昨年の秋、仙台駅に置いてあった、開業を知らせるビラ)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007年2月13日 (火)

雪が無くても雪合戦

Dscn1042_320_1  チビスケ(8歳)の付き添いで、仙台市の連坊おやじの会主催「スキー&雪遊びをしよう」の集まりに参加してきました。場所は宮城県の「国立花山青少年自然の家」です。例年なら、一面の銀世界なのですが、今年はまれにみる暖冬、雪は日陰に少し残る程度で、辺りは芝生の斜面が広がっていました。でも、そこはスポーツ雪合戦の本場の花山、屋内体育館で、ちゃんと雪合戦が出来るようになっていました。投げるのは、雪玉ならぬビニール製の軟球です。玉に当たったら、アウトで外に出る、その中で、玉に当たらずに敵陣のチキンをとった方が勝ち、コート内に置かれた防御箱をうまく使って、相手の投げる玉を除けながら、こちらも投げ返す。チーム全員が討ち死にしても負けです。
これが、やってみるとすごく面白い。子供達は勿論、大人も大興奮です。作戦を立てておいても、試合が始まり、玉が飛交うと、ねらって投げる余裕や、作戦などどこかにとんで、投げては拾い、また投げ返す、その中を、すばやく、果敢に攻め込んでくるやつがいる。30秒でけりがつく試合もあれば、動きがとれず、長引く試合があるなど、いろいろです。コートの周りに立つ審判も目が離せません。昔ながらの雪合戦を、なんとも面白いルールで、スポーツ雪合戦に変えた人達は素晴らしい。
チビスケも僕も、多いに楽しんできました。スキーはどうしたかですか?。2日目に鬼首スキー場に移動して、子供達はスキーを楽しんでいました。
「国立青少年自然の家」は、指導者も常駐していて、スキーなどの用具も充実しており、四季を通じて、子供達が集団生活を学ぶことが出来る良い施設です。グループごとに、15少年漂流記の少年達のように助け合い、協力して物事に取り組む姿勢が学べます。ここでは、毛布やシーツのたたみ方まで、厳しく守るよう指導されます。
Dscn1043_320_1 (試合開始)

Dscn1047_320 (防御板の陰で、玉を投げる子供達)

Dscn1044_320 (試合前の整列、大人1人と一年生から6年生の子供達、大人は攻撃中、子供達より前に出る事は、禁止、オフサイドはアウト)

Dscn1041_320 (試合に着用する、ヘルメットとゼッケン。そして、紅白のビニール製軟球。ゼッケンを見て、審判が何番アウトと指名する。)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007年2月 9日 (金)

マイナスイオンで壁が汚れる?

Dscn1026_320 今、使用している静電気対策グッズ(写真下)と、マイナスイオン発生器(写真上)です。
静電気対策グッズは、今のように沢山の対策用グッズが出まわらない30年ほど前に購入したもので、確か、どこかの鉱山会社が坑道内の静電気対策のノウハウを使って、製造したとする製品です。実に堅牢で、デザインも良く、いまだに現役で使用しています。放電すると、赤いプラスチック部分に埋めこんである、ヒューズ状の金属が赤く光ります。
マイナスイオン発生器は、僕の部屋が、電磁波を発生する機器でいっぱいなとこDscn1027_320ろから、マイナスイオンが少しでも電磁波予防にならないかと、10年ほど前に購入したもので、かなりの高性能を謳った製品です。電磁波減少の効果の程は実感できませんが、多少とも空気清浄の効果はあるようです。ただ、これを使用した部屋は、何故か壁のクロスの汚れがひどいように思えます。最近買い換えたエアコンも、今はやりのマイナスイオンを出す製品で、もしかすると居間の壁に汚れが付着しやすくなるのではと、心配しています。加湿器から、ドライヤー、扇風機まで、やたらとマイナスイオン効果を謳った製品ばかりですが、マイナスイオン発生と、壁の汚れの関係は実証したわけでは有りません。
以前、新築の病院の空気清浄設備に、静電フィルターなる設備をしたところ、室内の壁に、黒いすす状のゴミが付着して、困った事が有りました。塵にマイナス電荷が付き、壁に付着しやすくなったのが原因とわかりましたので、マイナスイオン発生器を置いた部屋の壁の汚れとの因果関係も、なにかあるのではと考えたのです。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007年2月 6日 (火)

熱海市、市庁舎新築と財政危機宣言そして志木市

45011a1_320  熱海市の新市庁舎の計画案が発表になりました。設計事務所は類設計室に決定し、これから基本設計、実施設計へと進むとの事です(写真は計画案)
 (地下1階 地上7階建て、新市庁舎と新消防庁舎が一体となった合築方式、
延べ面積 12,850m2、高さ 29.4m、免震構造、建物工事費 36億2,000万円。)
 ここで、疑問に思うのは、熱海市は昨年、現在のままの市の財政状態では、数年後に、財政再建団体に転落するとして、斉藤栄市長が「財政危機宣言」を出して話題になりました。今、国からいじめ抜かれている北海道の夕張市と同じ状態になると云う事です。新市庁舎建設は、前市長からの引継ぎ事項だとしても、財政破綻も考えられる市が、どんな理由があるにせよ、36億円もの莫大な予算を計上して新市庁舎を作る事が、僕には納得いかないのです。「財政危機宣言」をして、これから、市の財政立て直しに努力するつもりなら、5年間位は、財政事情好転などの動向をみてから、新市庁舎建設の有無を論じたらよいのではないか。今は新市庁舎建設計画は凍結が妥当ではないでしょうか。その間には、新たに隣の伊東市との合併が論議されてくるかも知れません。国もおかしいが、地方自治体もどこかおかしい。群馬県伊勢崎市のように10億円で大観覧車を作り、企業誘致のシンボルにしたいなどと、馬鹿じゃないかと思う事が計画されたりします。仙台市では、大幅赤字の市営地下鉄が有るのに、もう一路線の建設が計画され、今度は黒字になるという嘘のリサーチをしています。前回も黒字予想を立てて建設をしたはずですが、責任はうやむやになっています。
数年前に「しのび寄る破綻―市町村財政危機」と題した特集記事を、40回にわたって一面に連載した沖縄タイムスが、連載後の座談会で、一人が次のように語っていました。
「稲嶺」 (取材をしていて)痛切に感じたのは、財政難に対する行政側の当事者意識の希薄さだ。口では「大変ですよ」と言うが、どこか人ごとのよう。事態を深刻にとらえている首長や行政マンは極めて少数派だと思う。危機感を共有できないと行革も中途半端で終わってしまう。
これ、今も少しも変わっていないですね。
 どこの市区町村も苦しい財政事情に変わりがありませんが、我が志木市も、熱海市より早く長沼市長が「財政非常事態宣言」を出しています。朝日新聞がちょっと取り上げてくれたこともありますが、熱海市ほど話題にはなっていません。
「宣言の理由です。」
 少子高齢社会の進展に伴い、本市の財政状況は、社会福祉関連費用の伸びはもとより、国民健康保険や介護保険、市民病院への繰り出し金などが膨張しており、平成18年度の予算編成に向けて収入と支出を試算したところ、支出が約15億円オーバーしており、財政調整基金も6億9千万円しかないことから、全ての貯金を取り崩しても、8億円の財源不足が生じる事態となっています。
 このため、仮に、現状のままの行政運営を行った場合、極めて近い将来には、財政再建団体に陥る可能性もあり、私は、ここに
「財政非常事態」を宣言し、「安心・安全で、夢のある、明るい志木市」を実現するため聖域を設けることなく、抜本的な財政の健全化を断行することといたしました。
平成17年8月25日
志木市長 長沼 明

歳出については少子高齢社会に進展に伴う社会福祉関連費用の伸びや国民健康保険・介護保険・市民病院などへの繰出し金の膨張、歳入については三位一体改革に伴う交付税等の削減・市税収入の伸び悩みなどを事由の一部としてあげていますのでこちら(コピー省略)をご覧いただきたいと思います。

この主旨にのっとり、さまざまな財政健全化の努力が行なわれ、我々市民の負担増も厳しいものがあります。そんななか、今、熱海市のような40億円の大きな箱物を作る計画などが出れば一蹴されるでしょう。市議会議員定員数19人の内、市長を支持する議員はただ一人のみという、苦しい議会運営を強いられている市長ですが、多くの市民の後押しにより、市の運営は改善されつつあります。熱海市長も志木市長も、選挙で当選して、市の財政状態を報告させたら、あまりに放漫な財政運営に愕然としたところは同じですが、熱海市長には、そのうえに新庁舎建設の圧力が待ち受けていたのですね。でも、熱海市は財政的には、実質赤字といわれながら、マスコミが伝えるほどには、当事者は苦しんでいないのかも知れません。1000兆円といわれる大借金をしながら、危機感の全く無い、親分日本の例をみていますから。ちなみに熱海市の人口は志木市より2万人も少ないのです。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007年2月 5日 (月)

あれこれ-3

(1)ペースメーカーの報酬
今日は、別府大分マラソンが行なわれ、中継するTV画像には、いつものように先頭集団を走る数人のペースメーカーの姿がありました。
大会のHPには、ペースメーカーとしてケニア人4人、日本人3人の名前が公表されていましたが、僕がTV中継を見始めたときには、先頭集団には黄色いゼッケンをつけた3人のケニア人ペースメーカーだけでした。主催者側に指示されたペースで走り続けて、32kmで離脱するまで、皆良いペースでレースを作っているとみえました。このケニアのランナー達、2時間10分前後の実力の持ち主で、完走と32kmでは、走る条件が違うと言えばそのとおりですが、ゴールまで走っても10位くらいまでには入るのではないかと思えるほどでした。
ところで、前から疑問に思っていたので、今日はインターネット検索で、ペースメーカーのレース出場の報酬を調べてみました。あれだけのプロの仕事ぶりを見せてくれると、かなりの報酬、例えば32km離脱の契約で、一人につき1レース100万円くらいは、主催者側から支払われるのではないかと思ったからです。
ところが、ペースメーカーについて、断片的に述べるウェブサイトは多いのですが、その報酬については、全くと云ってよいほど、記述がありません。どこかに書かれていないかと、意地になってかなり探しましたが、全く見つかりません。
それどころか、「ペースメーカー」そのものさえ、明快に説明出来ているところがありません。断片的に、例えば、日本では、報酬を得るランナーが、公道を走る事は警察が許可しなかったとか、主催者が公表せずに走らせていた、個人でペースメーカーを参加させた、ペースメーカーが、最後まで走って優勝した事もある、主催者側のレース配分が遅いと選手から苦情が出た等は沢山書かれているのです。しかし肝心のレースによるペースメーカーの有無の基準、オリンピックには禁止されているのか、ペースメーカーとなるランナーの選択、レース配分の組みたて、男子と女子の違い、女子ペースランナーの有無、出場選手でもあるのか、そしてその報酬基準など、系統だって全く説明されてはいません。インターネット検索では、珍しい不作語句と断定して、今日は検索を諦めました。当分「ペースメーカー」には近づきません。

(2)プリンターのインクタンクやカートリッジは高すぎませんか!
Canonのインクジェットプリンターのインク切れで、近くの大型電気店に買いに行きました。ip4200用の4色マルチパックが3、550円、もう一色は別売です。いつも思うのですが、一万円そこそこの値段で買えるプリンター本体とのギャップがありすぎませんか。他にも使用している、Canonモノクロレーザープリンターのカートリッジが24000円位、これだって、プリンター本体の中古品より高い値段です。あと10000円も出せば新品のモノクロレーザープリンターが手に入ります。
EPSONのプリンターも使用していますが、これもインクは同じように高い。メーカーさん、インクタンクやカートリッジで利益を上げ過ぎていませんか。インクの減りが気になります。今日のケーズデンキ(大型電気店)は、なぜかいつもの日曜日より、混雑していて、駐車場も一杯。液晶、プラズマの大型画面テレビがよく売れていました。そんなわけで、やっかみから、少しやつあたり。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007年2月 3日 (土)

節分の豆まきー館ノ氷川神社

Hikawa1_320_1  今日は節分。我が地元の氏神様である、館ノ氷川神社でも節分祭の豆まきが行なわれました。大人に混じって年男、年女の子供達も、神社境内の武道館前に作られた壇上から元気に豆まきをしました。大きな神社が、有名人を招いて行う豆まきも良いのですが、地元の小さな神社で行なわれる、こんな節分祭も大事にしたい行事です。僕も家内も、投げられた豆の袋と、おひねりを楽しく拾いました。普段収めるお賽銭が、少し戻ってきたねと、得した気分にもなりました。豆まきの後は、集まった人達全員にみかんが配られ、みんな笑顔で神社を後にしました。
http://skyimpulse.s26.xrea.com/shiki.html 館ノ氷川神社

Mamemaki_320

(神主さんを中心に、皆、「福は内」[福は内」と、大きなかけ声で豆を撒きました。)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007年2月 2日 (金)

あれこれ-2

Fuji4s_320 (1)柳瀬川
「柳瀬川のほとり」なるブログの題をつけていながら、柳瀬川についての、説明をしていなかったので、ここらで、ちょっと書いておきます。春になったら、いちど源流まで歩いてみたいと思っていますので、詳しくはその時に。
 柳瀬川は埼玉県の所沢市の狭山湖(山口貯水池)を源流とし、ほぼ都県境を東北方向へ流れながら埼玉県の我が志木市で新河岸川に合流します。この新河岸側は荒川に合流しています。
上流部は狭山の丘陵地帯で、西武球場のある所沢市と東京都東村山市、清瀬市との境を流れ、途中で北川、空堀川、東川と合流して埼玉県の新座市から、志木市にいたる、流域約19kmの一級河川です。
源流の狭山湖は、以前村山、山口貯水池と言われた頃、東京の小学校の遠足での定番コースでした。取水搭の前で、集合して記念写真を写した記憶のある人も多いと思います。この狭山湖(山口貯水池)は、柳瀬川の源流部を堰き止めて、1934年(昭和9年)に完成した人造湖です(写真横、狭山湖取水搭)

(2)花2題
 1月30日(火)に、梅が1輪咲きましたと書きましたが、暖かい日が続いたので、今日はもうこんなに咲いています(下の写真上)それとこの梅ノ木の下に、アルプスジュリアンという青い色の花が咲いています。アルプスという名が良いですね。サクラソウ科の花です。梅ノ木には、水仙が似合いますが、ラッパ水仙(昨年の3月21日にブログに書きました)は、やっと芽が出てきたところです。Dscn1020_320
Dscn1019_320 (写真下、アルプスジュリアン)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2007年1月 | トップページ | 2007年3月 »