« あれこれー1 | トップページ | 高度計 »

2007年1月22日 (月)

「アメリカヒドリ」をさがせ

Dscn1012_320_1  今年も柳瀬川に、越冬するカモがやってきました。10年以上前には、1000羽も飛来していたのですが、徐々に減少し、ここ数年は400羽程度で推移していました。しかし昨年の県内一斉ガンカモ調査日には、275羽とかなり少なくなりました。今年、行なわれた一斉調査の発表は、まだありませんが、僕の見るところ、飛来数は、昨年よりもまた減っている気がします。水は確実にきれいになっているし、河川周りの環境も、それほど悪化しているとは思えないのですが、減少するいっぽうのカモが気になります。
 昨年(2006年)の一斉調査日の計測数は、総数275羽、内訳は
ヒドリガモ106  コガモ89  カルガモ46  オナガガモ25  マガモ7  ハシビロガモ1 「アメリカヒドリ1 」でした。
毎年、ヒドリガモが多数派なのですが、1羽見つかった「アメリカヒドリ」は、埼玉県に飛来する数万羽のガンカモの中でも、数十羽しか発見できないカモだそうです。多数派のヒドリガモに混ざっていると云う事なので、毎日のウォーキングの際には、なんとか発見したいと目を凝らしています。ただ、ヒドリガモ、コガモなどの牡は見分けやすいのですが、雌と成鳥になる前の状態のカモは、どれもよくわかりません。 
300pxanas_americana_fws_1

(「アメリカヒドリ」 フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)よりコピー) これを探しています。見つかれば、いいのですが。

|

« あれこれー1 | トップページ | 高度計 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/170544/13618700

この記事へのトラックバック一覧です: 「アメリカヒドリ」をさがせ:

« あれこれー1 | トップページ | 高度計 »