« 検索から4-旧文化放送ビル | トップページ | 柳瀬川から始めます »

2007年1月 1日 (月)

若手が資金別に組む日本株ポートフォリオー結果

 2007年1月1日、明けましておめでとうございます。
新年早々、株の話になってしまいましたが、実は昨日、大晦日のブログのつもりで書いていたのですがが、TVを見たり、話しこんでいるうちに年を越してしまいました。 
 2005年の「日経マネー12月号」に「若手が資金別に組む日本株ポートフォリオ」という記事がありました。この記事で4人の若手が書いた300万円コースを、記事を読んだ後の12月5日の株価で、ヤフーファイナンスに登録しておきました。ちなみに2005年12月5日の日経平均は15551.31円でした。そして昨年のの4月7日に、「日経平均高値更新ーいまひとつ実感が」で、その途中経過を書きましたが、その前日の日経平均終値は、17489.33円(前日比+245.35)で、終値ベースで2000年2月のITバブル後の高値を突破し、1991年11月以来の水準を回復している状態でした。
 4月7日時点での4人の評価損益です
  経済キャスター  雨宮京子さん               +210500
  マネーリサーチ  新井奈央さん               +119500
  トレーダーズ&カンパニー  大倉茂樹さん        +579000
  ワイズマネジメント       野尻美江子さん      +676800 
一応皆、利益を出していますが、一時は皆100万円を越える利益を出していましたので、日経平均が上昇していたのに、この時点では下降気味でした。
それでは、昨年末12月29日、大納会での株価はどうなっていたでしょうか。ちなみに日経平均終値は、17225.83円でした。
            取引値  保有数   時価     購入価格      損益
「大倉茂樹さん」
    任天堂(株)   30,900    100   3,090,000     13,250      1,765,000 
武田薬品工業(株)   8,170   100   817,000        6,800        137,000 
キヤノン(株)      6,700    100   670,000         4,587          211,300 
信越化学工業(株)    7,970    100    797,000          6,440           153,000 
     合計                                        5,374,000                   +2,266,300

「野尻美江子さん」
(株)サイバー・コミュニケーションズ92,200  1    92,200  415,000   -322,800
ケネディクス(株)            537,000      1  537,000    556,000     -19,000
ホソカワミクロン(株)     935  1,000       935,000              956       -21,000
ホンダ              4,700       200      940,000           3,500    240,000 
AOCホールディングス(株)  1,951  100       195,100          1,922          2,900 
(株)みずほフィナンシャルグループ  850,000 1  850,000    870,000     -20,000                       合計                         3,549,300     -139,900

「雨宮京子さん」
株)横浜銀行                 932          1,000          932,000        939       -7,000 
(株)総合医科学研究所   165,000           1        65,000  390,000   -225,000 
ソニー(株)           5,100         100        510,000   4,520     58,000 
平和不動産(株)               674          500          337,000         78      -57,500
(株)ラピーヌ                    192        1,000          192,000       340     -148,000
(株)サイバーエージェント  128,000          1        128,000    198,000     -70,000 
   合計                                                         2,264,000          -449,500

「新井奈央さん」
(株)みずほフィナンシャルグループ  850,000    1   850,000   870,000  -20,000 
東京都競馬(株)          314        1,000   314,000       370      -56,000
新立川航空機(株)      2,340        100   234,000    2,780   -44,000
国際石油開発(株) 2006年 3月 27日 997,000  1    997,000  907,000    90,000
(株)日本セラテック                    304,000       1    304,000    547,000  -243,000 
アセット・マネジャーズ(株)         236,000       1      236,000   567,000  -331,000
                      合計                 2,935,000               - 604,000
評価益を出しているのは、4人のうちで、トレーダーズ&カンパニーの大倉茂樹さんただひとりで、想定購入日より日経平均は1700円も上昇しているのに、他の3人は皆、評価損となりました。細かい論評など出来ませんが、大きな評価益を出した大倉茂樹さんの選んだ4銘柄全てが黒字、残る3人の中で、やや益の出た銘柄が、ソニーとホンダだけというのも、なにか昨年の市況を表しているように思います。今年も、この傾向は続くと思います。

|

« 検索から4-旧文化放送ビル | トップページ | 柳瀬川から始めます »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/170544/13286583

この記事へのトラックバック一覧です: 若手が資金別に組む日本株ポートフォリオー結果:

« 検索から4-旧文化放送ビル | トップページ | 柳瀬川から始めます »