« 「新日鉄と日本郵船」その後2 | トップページ | 真鶴半島へ »

2006年12月 8日 (金)

「FSC森林認証割り箸」-北海道下川町

Waribasi_320  6月6日に「輸入割箸高騰」と題して、北海道下川町の間伐材割り箸の事を書きました。このFSC認証制度の認証を受けた下川製箸(株)の割り箸の、その後の受注がどうなっているかが気になっていたのです。ところが最近、この割り箸を採用するという、ふたつの大学の生協の報告を見ました。
割り箸に限らず、紙や木製品などで、消費者が、森林認証製品を選ぶことが「地球環境保全」に役立つのだという気運が高まっているとの事は理解していたのですが、大学などで使ってくれるようになると、消費量も多いでしょうから、下川製箸さん良かったですねと嬉しくなりました。以前からも北海道庁の職員食堂等では使用されていたのですが、こんどは北海道大学北海道教育大学旭川の生協食堂での採用です。ちなみに北海道大学生協食堂の1年間の使用数は、1年間で73万膳だそうです。今後、多くの学校や企業でFSC認証製品が積極的に採用されるようになると良いですね。
下川町のFSC森林認証は、北海道では初、日本の国内では11番目の認証です。この森林認証制度については、書くと長いので、もう少し勉強し整理して、また書きます。
http://www.hokudai.seikyou.ne.jp/soumu/waribashi/index.html 北海道大学生協
http://www.hokkaido.seikyou.ne.jp/hue-asahikawa/newsfiles/153.html 教育大旭川生協
http://blog.livedoor.jp/hasiyasyatyouhitu/archives/50621344.html#comments 下川製箸の、がんばる社長のブログ
  (写真は、我家でも使っている下川製箸の元禄割り箸)

|

« 「新日鉄と日本郵船」その後2 | トップページ | 真鶴半島へ »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/170544/12984510

この記事へのトラックバック一覧です: 「FSC森林認証割り箸」-北海道下川町:

« 「新日鉄と日本郵船」その後2 | トップページ | 真鶴半島へ »