« 映画「日本国憲法」 | トップページ | バラまで咲きだしたー暖かい秋 »

2006年11月 3日 (金)

素晴らしい絵画キルト

Dscn0818_320_1 ここは、諏訪市の原田泰治美術館です。
この美術館は諏訪市出身のグラフィックデザイナーであり画家・原田泰治氏の作品を展示する美術館として、1998年7月北アルプスの峰々を望む諏訪湖のほとりに開館しました。ここの2階のティルームの大きなガラスごしに眺める諏訪湖の景色は、実に素晴らしいですよ。設計はエム建築設計事務所です。
 ここで、原田泰治の作品を、キルトで仕上げた作品の展覧会が行なわれていたので、先日、尖石縄文考古館に行く前に訪ねました。以下HPのコピーです。
「一針ずつ思いを込めて縫い上げるキルト作品の温かさと、美しい日本のふるさとをテーマに、石垣ひとつずつ積み上げ、花びらを一筆一筆描き込んでいく[原田泰治の世界]のぬくもりとが出会ったら、新しい絵画キルトの世界が生まれるのではないか…
そんな願いを込め一昨年より開催している、原田泰治の世界をキルトで遊ぶ[第3回絵画キルト大賞]には、全国から多くの応募作品が寄せられました。
本展では、審査の結果選ばれた入賞・入選作品を原画とともに展示します。
原田泰治作品と向き合い、気の遠くなるような時間をかけて縫い上げられた絵画キルトの世界をご覧ください。 」

館内には、原画とキルト作品が並べて展示されており、両作品を較べながら鑑賞できるようになっていました。どの作品も、原画に忠実に仕上げられていて、制作期間が6ヶ月以上のものがほとんどでした。布と糸で仕上げられているそれらの素晴らしい作品に、絵画キルトの美しさを再認識すると共に、制作の熱意と根気に圧倒されました。大賞に選ばれた、小川厚子さんの「夜桜」という作品のパッチワーク手法で表現した城の石垣は、見事としか言いようがありません。見ごたえのある展覧会でした。
Nv03_001_320_1 Nv03_002_320 〈写真左が大賞作品の「夜桜」)

|

« 映画「日本国憲法」 | トップページ | バラまで咲きだしたー暖かい秋 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/170544/12538699

この記事へのトラックバック一覧です: 素晴らしい絵画キルト:

« 映画「日本国憲法」 | トップページ | バラまで咲きだしたー暖かい秋 »