« カブの収穫ー超ミニ農園 | トップページ | 父親たちの星条旗ー映画 »

2006年11月13日 (月)

こんな物使っています-1

                          Denti320                               使用しているデジカメ、無線機、音楽プレーヤー等の電源は充電式のタイプではなく、乾電池が使用できるものを選んで使っています。充電タイプの製品のほうが、軽量で小型の製品が多いのですが、乾電池タイプであれば、単ニ、単三電池が旅行先など、どこでも入手できるメリットがあります。
しかし単三型など、20本セットを買っても、デジカメ、無線機で使用しているとすぐに無くなり、使用済電池の山が出来ます。そんな話しをしていたら、友人が奨めてくれたのが、充電式電池です。使うのを避けている充電式電源と矛盾するようですが、山へ行くときは普通の電池を使用しても、普段使いにはこの充電式電池を使うと有害ごみになる乾電池が減ると考えて、使うことにしました。
結果は、大変良いものでした。充電も簡単で、電池が完全に放電していなくても再充電できます。捨てる乾電池の量がぐっと減りました。
 電池は三洋電機(株)製で、昨年11月に発売した、自然放電が少なく約1000回繰り返して使用でき、使用後はリサイクル可能なニッケル水素二次電池“eneloop(エネループ)”です。それに単三型と単四型“eneloop(エネループ)”兼用で、4本を一緒に充電できる充電器が、単三型4本とセットで販売されていたものを購入しました。単四型4本は別売の電池単体を購入しました。このニッケル水素二次電池は低温にも強いと書かれていますので、温度の下がる山での使用には向いているのかもしれません。今度アルカリ電池と比較してみます。
(写真左の白いケースが充電器(NC-TG1)と単三型電池、右が単四電池。混在しても充電できる)

|

« カブの収穫ー超ミニ農園 | トップページ | 父親たちの星条旗ー映画 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/170544/12671074

この記事へのトラックバック一覧です: こんな物使っています-1:

« カブの収穫ー超ミニ農園 | トップページ | 父親たちの星条旗ー映画 »