« 紅葉の横谷渓谷へ | トップページ | こんなに多いクラシック演奏会 »

2006年10月26日 (木)

「仮面の女神」に会ってきました

Dscn0825_320_3  6月18日に「仮面の女神」と題して、縄文時代の土偶の事を書きましたが、ついに本物と対面しました。紅葉の横谷渓谷に行ったついでに、尖石縄文考古館を訪ねる事が出来たのです。
紅葉を始めた林の中の平屋建ての建物に入り、展示室Bという部屋に行くと、そこで念願の仮面の女神を見る事が出来ました。国宝の縄文のビーナスと共に、今年、重要文化財に指定された土偶が、ガラスケースの中に入っていました。特徴有る三角の仮面をつけたその姿はまぎれもなく仮面の女神です。想像したよりやや小ぶりでしたが、4000年Dscn0835_320_2も前に作られた物とは思えない造形美を持った作品でした。他に見学者もいなかったので、ゆっくりと眺めてから、写真に撮りました。フラッシュ撮影がが禁止なので、手持ちではどうしても手ぶれが生じますが、なんとか撮って見ました。
この尖石縄文考古館は、特別史跡の尖石遺跡、与助尾根遺跡に隣接して建てられており、土偶を中心に、土器や石器など、縄文時代の遺物が約2000点余り展示されています。たんに展示するだけでなく、体験型の陳列や、石器の実際の使われ方などが良くわかるすぐれた展示がなされています。火起しや、粘土板に縄文模様をつける、胡桃を割り、すり潰す体験コーナーなどは、なるほどと感心しました。
外の史跡公園には6軒の保存状態の良い復元住居があり、付近の林は絶好の散歩コースです。この当たりの紅葉もきれいです。この考古館は是非また訪れたい場所です。館内には喫茶室がありますが、昼食を近くでと望むなら、200mほど離れた場所の、ロッジ三井の森内にレストラン「竜神亭」があります。池を眺めながら食事の出来る静かなレストランです。ここの「シェフお薦めランチ(1600円くらい)」は、値段以上の満足感がえられますよ。お薦めです。
Dscn0829_512 縄文のビーナス
Dscn0834_512
Dscn0833_512 史跡公園
Dscn0841_512
Kamen_512

買ってきたレプリカ

|

« 紅葉の横谷渓谷へ | トップページ | こんなに多いクラシック演奏会 »

コメント

私どもはアフィリエイト[ e-アフィリ ]を運営しております。
もし宣しかったら当社広告主様のバナーをお客様のサイトに張っていただけませんでしょうか?
報酬は 《1登録¥1000、1クリック¥1》 からです。
多くの方がお客様のサイトを見れば見るほどお客様の報酬額も高くなる可能性があるということです。
アフィリエイトの報酬だけで、月90万円稼いでいる方もいらっしゃいます。
お客様のサイトもとても魅力的なので多くの報酬が見込まれると思いますよ。
いかがでしょうか?いつも通りサイトを更新していくだけでいいんです!!
ご興味があれば是非サイトをご覧下さいませ。

投稿: e-アフィリ | 2006年10月26日 (木) 16時58分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/170544/12435503

この記事へのトラックバック一覧です: 「仮面の女神」に会ってきました:

« 紅葉の横谷渓谷へ | トップページ | こんなに多いクラシック演奏会 »