« こちらも大きい | トップページ | コスモスー柳瀬川土手 »

2006年10月30日 (月)

桜の異変-柳瀬川土手

Dscn0851_320  柳瀬川の志木大橋より柳瀬川駅方向に向い、数百メートルにわたって、桜の木に異変が起こっています。全く紅葉も、落葉もしないで葉が消えてしまっています。本当に、木を見上げると枝ばかり、下を見ても落ち葉が全く見当たりません。葉が葉脈を残して残らず虫に食われた?状況です。過去にも葉が虫食い状態になる事はありましたが、全ての葉が食われて?しまった事はなかったと思います。
しかもこの状況は、拡大しています。枝ばかりが目立つ、黒々とした桜の木は不気味ささえ感じられます。

Dscn0852_320

(写真上 葉脈だけを残している葉)

(写真中 ほとんど葉の無い木が続く)



(写真下 志木大橋より上流側の桜、間に道路があるためか、まだ被害は無い。これがいつもの状態)

Dscn0856_320_2

|

« こちらも大きい | トップページ | コスモスー柳瀬川土手 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/170544/12491091

この記事へのトラックバック一覧です: 桜の異変-柳瀬川土手:

« こちらも大きい | トップページ | コスモスー柳瀬川土手 »