« 王子さまのハンカチ騒動ースーパー「ベイシア」の場合 | トップページ | ピーマンが主食に? »

2006年9月 1日 (金)

表参道ヒルズーテナントは?

昨日は友人の主宰する陶芸工房の発表展示会に、表参道ヒルズの同潤館に行きました。その後、時間もあったのと、入館者も少なかったので、ヒルズ内外をゆっくり歩いてみました。オープン後6ヶ月経ちますが、最初訪れた時に感じたここの印象は、今も変わりませんでした。
Omote1_320 表参道ヒルズの表参道側
ここから、工事現場の仮囲いをガラスに変えたような、ただ単調な壁が延々200m以上も続いている。内部の店舗の様子は、ほとんど解らない。せめて全体の長さを6分割位にして、メリハリのあるデザインでまとめて欲しかった。







Omote2_320 打ち放しコンクリートの壁が、文化センターなどの公共建築のバックヤードみたいに続く裏側の道路面。この写真をみても表参道ヒルズだと気ずく人は少ないだろう。

Omote3_320_1 大吹抜けの有る、室内ショッピングモールなどが全く感じられない、長い内部空間の囲い壁。人通りも無いが、ここを改修して小さなテント店舗を連続させると、案外人気のある通りになる気がする。裏通りと割り切るには、もったいない。








Omote4_320 内部の店舗街。午後5時。平日のせいか、人出は少ない。表参道と同じ傾斜のスロープは、1階部分が所々で、表参道と結ばれている。トンネル状の通路から明るい表参道の人通りが見えるこの部分の扱いは秀逸。しかし大きな吹き抜けを挟むスロープがとても狭い上、小面積の同じような店舗が並び、ウインドショッピングを楽しもうと来た客はがっかりすると思う。スロープの連続感はわかるのだが、階段、エスカレーターがあるので、ちょっと迷路のようだ。1階入口に有る案内図で館内を理解するのは難しい。なんどか来ると良いのだろう。高級店が多いためか、明るいショッピングモールの雰囲気はなく、ちょっと暗め。
昨日をみる限り、ここのテナントで、黒字の店があるのだろうかと思ってしまった。
恐らくこの先、店舗全体に、何らかの変更を迫られるかもしれない。




|

« 王子さまのハンカチ騒動ースーパー「ベイシア」の場合 | トップページ | ピーマンが主食に? »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/170544/11716489

この記事へのトラックバック一覧です: 表参道ヒルズーテナントは?:

« 王子さまのハンカチ騒動ースーパー「ベイシア」の場合 | トップページ | ピーマンが主食に? »