« 一級建築士その2-高齢化? | トップページ | 超高層ビルーシンガポールの建築3 »

2006年9月26日 (火)

彼岸花その2-柳瀬川土手

Higann1_320  今週の日曜日に、トレーニングの為と、秩父七峰縦走コースを歩きましたが、途中からまた左膝が痛むようになったので、全山縦走を諦め、25kmで下山しました。膝痛は今までも何度も発症したのですが、筋力を付けることで、このところは調子が良かったのですが、夏の入院などで足が弱っていたのでしょう。今週末に軽い山行きの予定がある為、今日は鎮痛消炎剤を貼り、サポーターで固定して少し柳瀬川土手を歩いてみました。平地を歩く限り異常無しでした。その歩きの途中で撮った彼岸花の群落です。
Kanban1_3209月16日に柳瀬川土手の彼岸花について、次のように書きました。
「ところが今日、写真を撮っていたら、偶然にもこの彼岸花の球根を植え続けたという、2人の女性にお会いする事ができました。新座団地にお住まいの、水野さん、古田さんで、9年前から水野さんを中心に数人で数万株の球根を植え続けたのです。水野さんの田舎の、群馬県の休耕田に咲いていたものや、栃木県などの親類、知人を頼って球根を集め、運んできては、土を掘り起こし、球根を植えたそうです。その途中で、市の土木工事で土を盛られてしまったり、盗掘に遇ってごっそり持って行かれたことが何度もあったようです。それでも今年は、新座市役所にお願いして、堤防の道路脇に数カ所の説明板を建てて貰える事になったと、咲き始めた彼岸花を見ながら嬉しそうに話してくれました。」
16日には、咲き始めだった花が、今日は咲きそろって土手を赤く染めていました。そして新座市役所の土木課が建てた看板も立派なものが立っていました。水野さん達の努力が実を結んだのです。良かった。写真を撮って戻ったら、待っていたかのように雨が降り始めました。明日も雨降りの予報です。

|

« 一級建築士その2-高齢化? | トップページ | 超高層ビルーシンガポールの建築3 »

コメント

 はじめまして。 私は河川研究をライフワークにしている者です。 所沢に住んでおり、管理人様がお歩きになる地点とは異なりますが、清瀬の金山橋から城前橋辺りをよく歩いております。 彼岸花は現在城前橋付近でも見頃となっておりますが、管理人様が撮られたのは多分新座ふれあい橋付近でしょうか? すごく綺麗ですね。^^植えるまでは良いのですが、そこから咲かせるまでが如何に大変か、拝読しよく分かりました。 またお邪魔します。 

投稿: いいずみ | 2006年9月29日 (金) 19時51分

>いいずみ様
写真を撮った場所は、ふれあい橋から、志木大橋よりに数百メートルほど戻った場所です。水野さん達、数人の方の力でもこんな仕事が出来るのですね。ふれあい橋の近くの川側の土手には、今年の春、新座市役所の土木課で植えた、菜の花が咲きました。来年も今年以上に咲く事でしょう。こちらも楽しみです。

投稿: Souroku | 2006年10月 1日 (日) 22時52分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/170544/12047917

この記事へのトラックバック一覧です: 彼岸花その2-柳瀬川土手:

« 一級建築士その2-高齢化? | トップページ | 超高層ビルーシンガポールの建築3 »