« ハイドレーションシステムー山での給水 | トップページ | husigina »

2006年9月 7日 (木)

マロニエ通り

Maronie_320                               柳瀬川駅の西には志木ニュータウンが広がり、そのニュウータウンの南側にマロニエ通りというおしゃれな名前の道路があります。片側にトチノキが植えられた広い歩道の有る直線道路で、約600m以上続きます。紅葉の時期もきれいです。街区の名前が、中央の森、南の森などと名付けられたニュータウン内は、銀杏やケヤキなどの落葉樹が多く、紅葉が実に見事で、外部から見に来る人も多いのです。マロニエはセイヨウトチノキと呼ばれますが、ここの街路樹は、少し葉の大きいトチノキです。でもマロニエの近縁種ですから、おしゃれにマロニエ通りと名付けられたのでしょう。今このトチノキから、栃の実が沢山落ちて、それを子供達が、殻を割って実を取り出しています。日中はまだ暑い日が続きますが、さすがに朝晩は涼しく感じるようになり、この栃の実を見るともう秋が来ているなと感じます。あと1ヶ月もすると、紅葉の山の便りが届くでしょう。

Hyousiki_512 Totinomi_512写真左はマロニエ通りの標識
右は拾ってきた栃の実、殻を割った実は、写真を撮っていた僕に、小さな女の子がくれました。

明日から、所用でシンガポールに行きますので、5日ほどブログは休みます。戻りましたら変貌著しい街の様子や建物などを報告します。

|

« ハイドレーションシステムー山での給水 | トップページ | husigina »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/170544/11800082

この記事へのトラックバック一覧です: マロニエ通り:

« ハイドレーションシステムー山での給水 | トップページ | husigina »