« 青蔵鉄道とチベット | トップページ | テポドン2号の発射 »

2006年7月 4日 (火)

ハマナレイクー再生

                0602151_320               数年前の7月に、小さな植木鉢のハマナレイクを買いました。毎年同じ頃にきれいなピンクの花が咲いていましたが、昨年暮に全ての葉が黄色くなって落ちてしまいました。枯れたのかと思っていたら、今年の2月頃から、葉の一枚も無い枝から、今まで見たことが無いほどの花をつけました。約1ヶ月ほど、冬の室内を華やかにして、楽しませてくれた後、枝もほとんど枯れ、ポキンと折れる状態になりました。
ハマナレイクについて、インターネットで検索しても、この状態が何を表すか、わかりませんでした。ほとんど枯れ枝の状態になってしまったので、鉢から取り出して庭に植え替えてみました。あきらめてはいたのですが、5月になって、枯れDscn0420_320_2枝の間から、沢山の緑の葉が芽を出しました。見事再生です。もちろん、今年の7月には花は咲きそうにありませんが、また鉢に戻して、来年咲いてくれる事を楽しみにしようと思っています。鉢は3個ほどに分ける事が出来そうです。ところで、このハマナレイクは2月に咲くDNAを持って生まれてきたとしたら、冬咲きなのかとも考えてしまいます。もし、来年の2月頃に咲いたら、また書きます。                    

|

« 青蔵鉄道とチベット | トップページ | テポドン2号の発射 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/170544/10791092

この記事へのトラックバック一覧です: ハマナレイクー再生:

« 青蔵鉄道とチベット | トップページ | テポドン2号の発射 »