« 新日鉄と日本郵船その2 | トップページ | 不撓不屈ー映画 »

2006年6月23日 (金)

この男、ただものではないー不撓不屈

Ziko_320  日本、敗れたり。朝4時からプロジェクターで80インチの画面いっぱいに動く日本選手を応援しました。ブラジルに対してどこまで戦えるだろうか、選手の動きはどうだろうかと、今日は勝敗よりも、なにか映画を見ているような落着いた感じで、見ていました。大画面で見ると、個人の持つテクニック、躍動感の差が良くわかります。結果は仕方ない、さあ次なる目標に向って進もう。ジーコ監督ありがとう日本選手ありがとう
団体スポーツでは、全てに云える事かもしれませんが、サッカーを見ていると、ヒマラヤ高峰の登山隊に似ているなと思いました。皆の力量も揃い、リーダーの意思の伝達や指導力も発揮されて、最後のアタックまで行けても、そこからは、個人の登攀力、技術、判断力、精神力の一段と高いレベルの世界になる。そのグレードに達していて、高いモチベーションを持つ隊員が少ないと、難しいルートからの登頂の可能性は少ない。日本のサッカーも、チームの個人の力量をもっと高めないと、世界レベルでみると、ノーマルルートは、登れても、バリエーションルートの登攀が無理な登山隊になります。控え選手も活躍したブラジルチームを見ていると、日本サッカーが、このレベルに到達する事が可能なのか、それともラグビーや、バスケットボール、アイスホッケーなどに共通する格闘技要素で、日本チームには身体的に大きなハンデがつきつけられるのでしょうか。
それと、ジーコ監督の後任は誰なのか、全日本のメンバーの入替えなども含めて
見守りたいスポーツです。
映画「不撓不屈」の事を書こうと思いましたが、サッカーに変わりました。
「不撓不屈」は、また書きます。★★★★4つの映画で、お薦めです。

|

« 新日鉄と日本郵船その2 | トップページ | 不撓不屈ー映画 »

コメント

ジーコ監督、選手の皆さん本当に良くやってくれました。ありがとう。
外国選手との差を、僕はどの試合を見ても思うのですが、最後の瞬間に優しさというか、静かさというか、淡々としたものを見るのです。日本人の持っている精神の元みたいなもの。
死闘を繰り広げて皮一枚で繋がっていてもまだ敵と戦う外国人のどろどろした闘争心とは異なった心が日本人の精神文化の核みたいな気がします。

投稿: appo66 | 2006年6月23日 (金) 12時07分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/170544/10643494

この記事へのトラックバック一覧です: この男、ただものではないー不撓不屈:

« 新日鉄と日本郵船その2 | トップページ | 不撓不屈ー映画 »