« 笛と電波発信機の携行をーその2 | トップページ | ネオカ35-謎の写真機メーカー? »

2006年6月27日 (火)

キキョウ(桔梗)

Kikyou1_320 難しい事ばかり書いてきたので、今日は軽く花の事。
一昨年のこと、鉢植えの背丈の低い桔梗を買いました。花も終わり枯れてきたので、どうせ駄目だろうがと、庭に植え替えてみました。昨年の春に芽が出たらしいのですが、雑草と思いみんな抜いてしまいました。ところが奇跡的に生き残った強いのがいて、7月頃に小さな花を咲かせました。まぎれもない桔梗でした。
今年は、げんきんなもので、春から芽を出せ芽を出せと心待ちのしていたところ
一本だけが、元気良く育ってくれ、今きれいに咲いています。鉢植えの時より花が大きくなりました。
山では8月末ころに、咲いているのを見た事や、秋の七草に入っているので、秋の花と思っていましたが、6月下旬に咲き始めるのが普通だそうです。
我家の桔梗には申し訳ないのですが、園芸種よりやはり野に咲く野生の桔梗が好きです。野生種は1種類だけのようです。
浅間ぶどうの実が沢山つく頃に、信州の根子岳、四阿山に行くと山道に竜胆と共に、桔梗の花が咲いているのが見られます。群生せず、ほとんど可憐に一本だけで咲いています。

|

« 笛と電波発信機の携行をーその2 | トップページ | ネオカ35-謎の写真機メーカー? »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/170544/10703502

この記事へのトラックバック一覧です: キキョウ(桔梗):

« 笛と電波発信機の携行をーその2 | トップページ | ネオカ35-謎の写真機メーカー? »