« これもバブルの搭?ー下川町 | トップページ | 純と結の家ードラマ「北の国から」 »

2006年6月 1日 (木)

森の時計ーテレビドラマ「優しい時間」

Morina1_320 富良野で喫茶店「森の時計」に行きました。新富良野プリンスホテルの前から、森の中の道を少し入ったところに、脚本家・倉本聰さんの「優しい時間」に登場した建物が建っていました。普段は混むこともあるようですが、訪ねた時は、空いていて、静かな雰囲気の中で、カウンターに座り、ドラマの中と同じように自分でコーヒー豆を引いておいしいコーヒを飲みました。ゲストスターにでもなった気分でした。(東京から来た人相の悪い借金取り役かな)写真はドラマの中で、この店のオーナー湧井勇吉(寺尾 聰)がいつも内側に立っていたカウンター越しに撮った外の景色です。
写真では見えませんが、向って左側の隅が、事故で亡くなった勇吉の最愛の妻、湧井めぐみ(大竹しのぶ)がそっと座って勇吉と対話していた場所です。
Moriso1_512( 森の時計外観)

Gomihu1_512 富良野ではなく,昨日書いた五味温泉の近くの丘から見た景色。林の中の小道を歩いていたら突然この景色に出会いました。いかにも北海道という感じに感激。五味温泉の湯水が炭酸水だったと書きましたが、下川町の老人が子供の頃には、温泉に行く時は砂糖を持ってゆき、温泉の水に溶かして天然ラムネだと言って、皆がおいしく飲んだと話してくれました。

|

« これもバブルの搭?ー下川町 | トップページ | 純と結の家ードラマ「北の国から」 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/170544/10350795

この記事へのトラックバック一覧です: 森の時計ーテレビドラマ「優しい時間」:

« これもバブルの搭?ー下川町 | トップページ | 純と結の家ードラマ「北の国から」 »