« 5月の富士山は楽しい | トップページ | 門に残る刀傷 »

2006年5月17日 (水)

良く飛ぶ模型飛行機

Mokeih1_512 4月に所沢航空発祥記念館に二人の女性飛行士展を見に行った際、売店でゴム動力飛行機2機を買いました。400円という値段と、組み立てはカンタンの表示に衝動買いです。キッズフライヤーシリーズという幼児からを対象としたもので、組み立ては15分ほどで完成。これが実に良く飛びました。対象年齢6歳からと書いてありますが、尾翼による飛行調整など大人でも楽しめます。幼児二人は、近くの公園で高く舞い上がる模型飛行機を追いまわして大喜びでした。感心したのはユニオンモデルという、この模型飛行機の製作メーカーです。こんな廉価版のキットにまで、全ての部品が壊れたり失ったりした時に通信販売で購入できるのです。(例えば主翼、尾翼が送料込みで150円など)この模型メーカーは、上は70万円ぐらいの製品まで販売する会社ですが、ホームページを見るだけでも楽しいですよ。
   http://www.unionmodel.co.jp/
「昭和30年代の子供たちは、皆、模型少年だった。
彼らが作った竹ヒゴ製のゴム動力模型飛行機が、日本中の空を乱舞していた。アクティブ シニア(団塊世代)の大空への夢をかなえるユニオンモデルは、いくつもの空を知っています。」 ホームページより。
確かに子供の頃は、竹ヒゴをローソクの炎であぶってグライダーやゴム動力機を作り飛ばしたものです。近頃はあまり見かけませんが、子供達が作る喜びを知るように指導したいものです。

|

« 5月の富士山は楽しい | トップページ | 門に残る刀傷 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/170544/10113640

この記事へのトラックバック一覧です: 良く飛ぶ模型飛行機:

« 5月の富士山は楽しい | トップページ | 門に残る刀傷 »