« 門に残る刀傷 | トップページ | 明治の建物2軒 »

2006年5月19日 (金)

ペンタックスME Super-凄い人がいるものです

Dscn0312_320 最近は、デジカメを使用する事がほとんどですが、35mmフィルムカメラはペンタックスが好きで、写真はいずれも古いタイプですが、全て今も使用中です。
特に写真中央のME Superは27年も前に発売されたものですが、小型軽量でいかにもカメラというデザインが気にいり、長年使用してきました。このカメラはペンタックスのKマウントタイプの機種の中では、中古品が今でも割と高い人気機種です。年には勝てず、最近はシャッタースピードが、設定どうりに動作しなくなったり、フィルム巻き上げが不調で2回巻上げが必要など使い物にならなくなりました。新宿三井ビル1階のショールームに、持ち込んだところ、部品も無く修理不能との診断でした。残念、これでこのカメラともお別れかと思ったのですが、担当の方が、ペンタックスの古い機種を修理してくれる(有)長谷川工作所を紹介してくれました。修理可能かはわからないが、一度訪ねたらという話に、そんな職人さんがいることに嬉しくなりました。知る人ぞ知る有名修理工房のようです。
早速ホームページを読ませてもらい、修理の可能性も有りそうなので、近いうちに訪ねる事にしました。続きはまた書きます。
さて、本題です。インターネットをME Superで検索していてすぐに見つかったのが、「ME応援復活サイト」というMEシリーズの分解と修理を中心にしたホームページです。詳細な写真付きで、分解、掃除、修理が詳しく書かれています。思わず唸りました。こんな凄い人もいるんだというのが率直な感想です。ペンタックスファンの方で、もしまだ知らないようでしたら、是非一度覗いてみてください。僕はこんな技を持つ人を尊敬します。
  http://tomshome.sakura.ne.jp/ 「ME応援復活サイト」

http://www.tctv.ne.jp/members/hasegawa/hasegawa/index.htm 偉大な修理工場

|

« 門に残る刀傷 | トップページ | 明治の建物2軒 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/170544/10144530

この記事へのトラックバック一覧です: ペンタックスME Super-凄い人がいるものです:

« 門に残る刀傷 | トップページ | 明治の建物2軒 »